三恵バイオマス発電所の発電機は発電機メーカーが保証できない仕様で発電しています。

ウータン・森と生活を考える会が三恵福知山バイオマス発電所が使用する発電機メーカーに対しておこなったESG エンゲージメントについて発電機メーカーから下記の回答がありました。

デンヨー_20200925

当社は貴会より、2020年9月9日付書面にて、三恵エナジー株式会社様に対する ESG エンゲージメントについて、ご要請を頂きました。 

ご指摘の三恵エナジー株式会社様の発電施設で使われている発電機は、当該発電施設の 設計・施工に関与された事業者様あてに販売したものです。 

当社は同事業者様に、当該発電機を指定燃料を軽油とする標準機として販売しており、 その後の同発電機の設置・使用や維持管理にあたっては、発電機について専門知識を有す る同事業者様と三恵エナジー株式会社様の責任において、適切な安全対策や環境対策が講じられているものと理解しております。 

今般、貴会からのご要請を受けたことを踏まえ、当社からも改めて同事業者様を通じ、 三恵エナジー株式会社様に対して必要な安全対策や環境対策を講じるなど適切な対応がな されるように要請いたしましたことをご報告申しあげます。 

つまり

三恵福知山バイオマス発電の発電施設は軽油用であり、デンヨー(発電機のメーカー)は設計・施工した事業者と三恵に対して必要な安全対策と環境対策を講じることを要請した。

ということです。
つまりメーカーは軽油用で販売している発電機なのでパーム油発電に使わないで下さい。
軽油用の発電機は軽油用としてのみ使用して下さいと言うことを言っているのです。

えんとつを少々弄ったところで不正使用は変わらない!
土師新町の住民の命を守るために三恵福知山バイオマス発電は即刻、廃炉にしなさい!

住民の命を守る為に

福知山市はもっと働け!

福知山市は住民を見殺しにするのか?

緊急事態 三恵福知山バイオマス発電所 再稼働?えんとつ工事中

福知山 三恵グループのバイマス発電が緊急事態です。
本日、いきなりえんとつの工事を始めました。
民事調停、公害調停で話し合いを行っているにもかかわらずの暴挙です。
何のためのえんとつ工事なのでしょうか?

不安で押しつぶされそうな住民感情を無視した工事

「毎朝、発電所が稼働しないことを確認して安堵してから1日が始まります。毎朝不安です」と語るのは土師新町の住民の方です。
不安な毎日の中で急に実施された発電所のえんとつ工事です。

住民の不安に追い打ちをかける三恵グループのこのやり方に抗議します!

住民が不安なのを分かりながらこのような非道な仕打ちを行う三恵観光グループ
あまりにもひどすぎます。
このような極悪な会社と地元住民は数年間戦ってきましたが、法の場での話し合いがもたれているのにこの所行はゆるせません!

厳重に抗議いたします!

9月14日に開催されました舞鶴市議会での市長答弁に抗議を表明します。

9月14日に開催されました舞鶴市議会での小西議員の質問にたいして回答された多々見市長の発言には嘘や誤魔化しが多いので抗議させていただきます。

多々見市長は新聞のコラムにある根拠不明の憶測と発言されていますが、私たちの調査範囲で舞鶴市民新聞、京都新聞、毎日新聞の記事に関してはすべてチェックしていますが「根拠不明の憶測」の事実はありません。
市長が指摘された「根拠不明の憶測」を明確に明示してください。
尚、新聞のコラムとあるので「舞鶴市民新聞のコラム」だと推測しますが「根拠不明の憶測」は当会では確認していません。

多々見市長は住民との対話要望を無視して対話から逃げたというのが住民サイドの認識です。
それなのに「逃げも隠れも私はしていない」とか「住民の反対97%はアンケートの回答率だ」などと市議会答弁で嘘をつくことはやめてください。

その他、多くの事実誤認と嘘、意図的な情報操作があります。
これは住民に対するいじめです。

喜多住民に対する市長のいじめに抗議します!

最後に


多々見市長は答弁最後に私たちの活動について下記のように述べました。
「勝利宣言てなんなんですか?勝ち負けじゃないんです・・・勝利宣言すうるような話じゃ全然無い・・・」と不快感を表明されています。
その点に対しても抗議させていただきます。

舞鶴のパーム油火力発電所問題ですが1月末の住民説明会時に私は、喜多地域だけの問題とせずに舞鶴市全体、日本全体、地球環境全体の問題と認識し、喜多住民だけではなく舞鶴市民全体、日本で活躍するNGOの方々にまで範囲を拡げて広く議論しましょうと呼びかけました。
その説明会時には堤副市長を始め、多くの方に賛同いただき対話の道が開かれると信じましたが、舞鶴市は結果として喜多住民だけを対象とした説明会に固執し舞鶴市は全体、環境団体との対話を拒否した結果、現在に至ったのです。
恐らく、喜多住民だけを対象とする方が御し易いと多々見市長が判断されたのだと私は思っていますがそこが大きな間違いだったのです。
舞鶴市側の姿勢と異なり、志同じくする住民側(喜多住民と多くの舞鶴市民)はともに学び合い、意見を出し合い、国内外の多くの環境団体から教えと支援を受けて繋がった結果、沢山の対話の中から今回の勝利をつかみ取ったのです。

つまり、

対話を拒否した舞鶴市側が破れ、対話を推進した住民側が勝利した!

というのが正解です。
多々見市長はご自身の誤った認識を改めない限りは、今後も舞鶴市民の心を取り戻すことは不可能だと私は思います。

日立造船がパーム油発電から撤退を表明

7月6日に掲載した勝利宣言を再度投稿させていただきます。

2020年7月6日 —

ご支援いただいた皆さまへ

舞鶴西地区の環境を考える会 代表 森本隆です。
いつもご支援ありがとうございます。

皆様のご支援のおかげで日立造船が計画していた舞鶴のパーム油火力発電所の計画は【消滅】しました。

更にうれしい事に日立造船は今後、パーム油発電には手を出さないと株主総会で発言しており、住民運動として【圧勝】で終えることができました。

事業の投資会社であったAMP社は先んじて4月に【事業撤退】を表明、パーム油火力発電は今後、一切携わらない事も表明しており、事業に携わった二社が今後はパーム油発電に携わらないということは、今後の日本のパーム油火力発電抑制に大きな意味のある事だと確信しています。

舞鶴の計画は当初より日本のパーム油発電の持続可能性を探るうえで注目されている事業でした。
舞鶴の計画が実施されれば日本のパーム油発電は増加,計画が廃止されれば日本のパーム油発電は抑制されると予想されており、その結果、多くの環境NGO達の協力も得ることが出来たのです。

残念なこともあります。
事業を率先して誘致した舞鶴市長 多々見 良三氏は【パーム油の生産と消費を抑制する世界的な流れ】を認めようとせずに、パーム油火力発電所は環境に優しい発電であるという、当初からの自分の考えに固執して誤りを認めようとしないばかりか、事業の失敗を【住民が無知である】かの如く発言するなど舞鶴市民としては情けないばかりです。
今後は舞鶴市民として市長の責任を追及していく予定です。

舞鶴のパーム油火力発電所反対運動は「ありとあらゆる手を使いパーム油火力発電所の建設を阻止する」と覚悟を決めて反対運動を開始しました。

最低でも2年間は、泥沼の反対運動を覚悟していましたが幸いなことに私たちの予想を上回る多くの賛同を頂きまして9ヶ月と短期間で建設阻止を成し遂げることが出来ました。

今回の勝因は地元での草の根の活動と経験豊かなNGOの経験則と学術的な活動がネットを介して密接に結びついて連携が出来たことだと思います。

またその活動をSNSやchang.orgで発信し、あたかも映画やドラマのように、続きが見たいと興味をもってもらえる活動であったのも注目すべき点でした。

今世界は沢山の問題を抱え込んでいます。
私たちが地域を変えれた様に、他の皆様の活動も必ず地域を社会をも変えることができると私は信じています。
皆で手を取り合って頑張りましょう!

2020年7月6日
舞鶴西地区の環境を考える会
 代表 森本隆

9月8日毎日新聞報道に関する資料

毎日新聞2020年9月8日 地方版に掲載されました

パーム油発電所計画 舞鶴市の「疑問」回答に住民側 「騒音予測に矛盾」 /京都

https://mainichi.jp/articles/20200908/ddl/k26/040/335000c?fbclid=IwAR2uPrR3vmj7uD9IHkgpGr-0aE4-lrJhfLRwVxisNjFUwjuPq2Uo_mehJFU

舞鶴市喜多地区に建設予定だった国内最大のパーム油発電所について、市は3日付で、地元の喜多地区環境保全委員会が出していた「市の説明資料に対する疑問」に回答した。「疑問」は騒音対策をはじめ、多岐にわたったが、環境保全委は「住民の視点に立った回答ではない」と指摘。「喜多地区の九十数%の住民が反対する中、なぜ市は前のめりになって事業を推進しようとしたのか、なぜ建設断念に追い込まれたのかを検証して市民に公表すべきだ」と訴えている。【塩田敏夫】

上記記事の

「舞鶴市の説明資料に対する疑問等について」に対する回答書を掲載させていただきます。

一見して誠意ある回答のように見える長文での回答書ですが全く住民としては受け入れる余地のない回答書です。
沢山の矛盾があり、住民の指摘に対して誤魔化す部分も多い内容です。

特にP17 ページの一番下
「自主アセス(環境アセスメント)の資料はオーナー企業の財産であり、弊社の判断では開示は出来ません。」という回答が本件のすべてを表していると考えています。
地元の環境を守る為に必要な環境アセスメントを地元にたいして開示できない企業とそれに対して異を唱えない舞鶴市政に憤りを感じています。

20200909095408874


まとめ(速報)宮城県石巻市日本最大級 パーム油火力発電所計画が勃発

東北大地震で壊滅的な被害を受け復興中の宮城県石巻市で舞鶴の計画をはるかに上回るパーム油発電所が計画されていることが明らかになりました。
建設予定地は被災者の多くが移住する「しらさぎ台近隣」
福知山市のような健康被害が伴う公害が発生する恐れもあり、注意が必要です。

石巻パーム油火力発電所 事業概要

事業名: G–Bio(ジー ・バイオ)石巻須江発電事業
所在地:石巻市須江字瓦山地内
面積: 約8 万㎡(発電事業面積 4万 6 千㎡)
手続き段階 :第一段階の方法書終了(Rl•6•12知事意見書提出)、第二段階の途中
規模: 10万2750kw(発電出力)
燃料:G-Bio Fuel.P・パーム油
運転開始 2024年予定(2021年着工)

舞鶴のパーム油火力発電所が6万5590KWですので舞鶴の約1.5倍 日本最大規模の記録が塗り替わることになります。
燃料はG-Bio Fuel.P・パーム油

ドットPとは?
メーカーホームページによると

『G-Bio Fuel.P』の原料となる植物は、熱帯から亜熱帯地方にかけて自生するマメ科の常緑樹です。
油の生産能力(単位収量)は、植物油の中では最大です。
機械による収穫が可能で、パーム油の生産コストを大幅に下回るコストで大量生産することができます。
メーカーホームページ

Fuel.Pという新しいバイオマス油の開発・生産を行い軌道に乗るまではパーム油を使用するという事業スキームと思われます。

ここで注目すべきニュースが掲載されました。

https://www.farmlandgrab.org/29758

アフリカ・モザンビークで日本政府が進めるODA大規模農業開発プロジェクト「プロサバンナ事業」。
大規模農業化を進めることで「土地が奪われる」と当初から懸念の声が相次いでいましたが、ついに日本政府が中止を決定しました。

という記事です。
Fuel.Pの開発・生産がモザンビークのODA関連なら計画はすでに破綻しており、パーム油が継続的に利用されることになり可能性があります。

石巻市の皆様、発電所周辺での公害被害、パーム油生産国での地球規模の環境破壊を伴う可能性がありますのでご注意ください。
モザンビークODA関連報道にも注意が必要です。

関連ホームページ

事業者 Gバイオ

燃料

河北新報

関連ブログ記事

宮城県

参考資料(近隣住民から入手した資料です)

石巻資料7/22

舞鶴西地区の環境を考える会としても石巻市の案件は注目しています。
情報提供を求めていますので情報ありましたら連絡してください。

7/19:オンライン報告会開催のお知らせ

(7/19)報告会☆舞鶴パーム油発電完全撤退!市民の力で事業を止めた七人の侍☆

オンライン報告会のお知らせ ※現地参加も可能です
私たちと一緒に戦った【ウータン・森と生活を考える会】が手配して下さりました。
みなさまのご参加お待ちしています!

報告会の詳細はここをクリック

☆勝利報告☆舞鶴パーム油発電完全撤退!
市民の力で事業を止めた七人の侍
〜熱帯林開発圧力を高めるパーム油発電を知る学習会〜
 

ウータン・森と生活を考える会は、熱帯林破壊による生物多様性の損失、泥炭地破壊による気候変動への影響、先住民や地域住民・農園労働者への人権侵害を拡大するパーム油発電の反対活動に取り組んできました。
このたび、舞鶴でのパーム油発電計画は、地域住民の方が奮闘され、多くの市民とNGOの支えもあって反対活動が成功、市民側の完全勝利を迎えることとなりました。ご協力ありがとうございました!
建設予定地最寄の喜多地区から、完全撤退の立役者である住民の方をゲストに迎え、活動を振り返るとともに、パーム油発電の問題を再確認し、今後のH.I.Sや福知山等での活動についての意見交換をしたいと思います
【概要】
○ 日時:2020年7月19日(日)13:30〜16:30 
*終了後、希望者のみ懇親会
 
○ 場所:ドーンセンター特別会議室
*アクセス: 京阪「天満橋」駅、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)谷町線「天満橋」駅 ①番出入口から東へ約350m
JR東西線「大阪城北詰」駅下車。②号出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m
 https://johokiko.co.jp/access/dooncenter/
 
○ 参加費:無料
 
○ 定員: 会場50人、オンライン配信100人 (先着順となります)
 
○ お申込み:下記ボタンからフォームにアクセスして、①お名前、②連絡先、③ご所属(任意)、④会場参加かオンラインか、⑤懇親会の参加の有無をご記入ください。
参加申込みをする
 
【報告会の内容(予定)】
 
(1)熱帯林開発圧力とパーム油発電
ウータン・森と生活を考える会 石崎雄一郎
 
(2)舞鶴パーム油発電完全撤退へ!活動と成果を振り返る
喜多地区環境保全委員会 委員長 大西寛治さん
舞鶴西地区の環境を考える会 代表 森本隆さん
 
(3)日本全国のパーム油発電阻止へ!私たちになにができるか
福知山の三谷さんより、三恵バイオマス発電所の現状
舞鶴の大槻さんより、市民による情報公開請求の権利と重要性
東京の飯沼さんより東北でのH.I.Sスーパーエナジーの動きや国のFIT(固定価格買取制度)への要望、群馬の新村さんより邑楽町のパーム油発電建設問題、JACSESの田辺さんよりダイベストメント活動についてなど、オンラインを交えて情報提供いただき、私たちに何ができるかを考えたいと思います。

報告会の詳細はここをクリック

喜多地区環境保全委員会、舞鶴西地区の環境を考える会のメンバーで勝利を分かち合いました

7月1日 喜多公民館で定例会を開催しました。
参加者全員でパーム油火力発電所を撤退の確認と万歳三唱でスタートしました。

皆様お疲れ様でした。
運動中は緊張と不安で引き締まってっていた顔も今日は全員が笑顔ですね!

今後の活動方針が決まりました。

1.全力で福知山の三恵福知山バイオマス発電の廃炉運動を支援する。

2.舞鶴市政に対して今後もパーム油火力発電所問題を追及する。

3.活動の記録を書籍化して今回の出来事を風化させない。

以上の3点が決まりました。
引きつづき、活動を継続していきますのでよろしくお願いします。

ありがとうございました!

会心の一撃:ダイベストメント(投資撤回)が絶大な効果を上げてる模様

「ウータン・森と生活を考える会」が中心となり世界8カ国24団体が賛同した日立造船へのダイベストメントの効果が絶大と報告が入ってきました。

某資産運用会社は社長が目を通してくださり、CSRトップ、運用担当者→担当者、広報部で共有されました。
特にESGの観点が注目されています。
また某銀行は私たちの活動内容に理解を示し、ダイベストメントが届く前から本件に着目し、日立造船にも意見をお伝えいただきました。

ダイベストメントは企業の営業活動を妨害するのではありません。
企業活動をより良く改めて頂くことを目的としています。
ダイベストメントで間違った企業活動を正しく是正して、企業の価値を上げることが目的です。
その理念から日立造船へのダイベストメントは多くの投資家達の関心を集めています。

※「ESG」とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の三つの言葉の頭文字をとったものです。 この三つの要素に着目して企業を分析し、優れた経営をしている企業に投資する「ESG投資」が、近年、株式市場で注目を集めています。

つまり、舞鶴市と日立造船はパーム油発電が「SDGs」 持続可能な社会を実現するためにパーム油発電が必要だと論じていますが、ダイベストメントがきっかけで本件は金融の観点からも懐疑的な眼がむけられるきっかけになりました。

日立造船と舞鶴市が一方的に根拠も議論もせずに持続可能なエネルギーだと言い張るパーム油発電ですが、沢山の方々の意見を取り入れながら徹底的な議論が必要だと確信しています。

最終舞鶴パーム油発電に関わる日立造船からのダイベストメント要請書

日立造船の大株主融資銀行(連絡用)

注意喚起:のぼりを掲げて下さってる皆様へ

昨晩、気になる情報提供がありました。
以下原文まま

昨日、万願寺の家に行ったらガレージの窓が割れていました。
下にコンクリートの6センチ程の塊りがあったのでそれがあたったようですが、パーム油発電反対ののぼりや小西さんの看板があるので嫌がらせかなとも思ったのですが、同じ様な被害がパーム油発電所反対ののぼりを立てている家に出ていませんか?
なければいいですがあまりにも窓の真ん中にあたっているし、車が跳ねてあたったとは考えにくいのです。
道にあんな大きなコンクリートの塊りが落ちているのも不自然なので被害妄想してます。

以上

現時点では同様の事例は私たちには報告されていませんが、念のためご注意ください。
何か不審な点がございましたら警察へのご相談と私たちにもご一報ください。

反対運動が始まってから今日まで一度も不審な事例は報告されておりません(本件除く)のでご安心ください。

尚、舞鶴西地区の環境を考える会の事務所に関しては朝晩の見回りチェック、警備会社との契約、事前に警察への相談はさせてもらっていますし、事務所スタッフにも日々、不審な事を見つけ次第報告するようには指示しております。
常に万全の体制で反対運動を展開していますのでご安心ください。

2020年6月19日 舞鶴西地区の環境を考える会 代表 森本隆

緊急:6月13日(土)住民説明会開催

喜多地区パーム油バイオマス発電所計画の地元説明にかかる公開協議の開催について

 喜多地区パーム油バイオマス発電所計画にかかる地元説明のための喜多地区・日立造船㈱・舞鶴市の3者による公開協議を開催いたします。

 傍聴を希望される方は、6月13日(土)13時30分までに、会場の舞鶴21ビル2階会議室前までお越しください。なお、定員は20名とさせていただいており、定員を超える傍聴希望がありましたら抽選とさせていただきます。

日時

令和2年6月13日(土) 14時00分~17時00分

会場

舞鶴21ビル 2階 会議室  (舞鶴市喜多1105-1)

※会場の座席定員126席
※市の新型コロナウイルス感染予防措置においては、6月18日までの行事等の開催基準は、屋内なら100人以下かつ収容定員の半分程度以内ではありますが、協議当事者は机有り、傍聴席はイス席のみとし、いずれもソーシャルディスタンスを保つことで、以下の収容人数で開催可能と判断しています。

参加者

(1)協議当事者
喜多地区環境保全委員会・日立造船㈱・舞鶴市(各6名×3団体)

(2)傍聴者
舞鶴市議会議員(各会派の代表)
周辺5地区役員(各3名×5地区)
喜多地区関係者(10名)
一般傍聴者(定員20名)

※一般傍聴希望者は、当日13時30分までに会場前にご集合ください。

  定員20名を超える場合は、抽選とさせていただきます。

(3)報道関係者 若干名

合計 最大76名(見込み)

内容

・日立造船㈱からの説明
・舞鶴市からの説明
・喜多地区環境保全委員会からの質問、意見
・質疑応答

詳しくは舞鶴市ホームページをご確認ください

200608広報資料(地�元説明にかかる公開協議)