三恵の罠 騙された住民と仕組まれた協定書 悪い発電所が日本のエネルギー政策の発展を妨害 日本の新たなエネルギー政策に影を落とす三恵福知山バイオマス発電所と福知山市議会と福知山市政  やばいぜ舞鶴

住民と三恵が結んだ協定書は無効!?であると言い放った三恵の弁護士の発言

三恵が放った罠に陥った住民たちを救うべく協定書の内容を公開します。

私には法律的にこの協定書がどうかはわかりませんが、一般的な社会常識として 協定書の内容は守られるべきだと思います。

そのために公開します。

このようなはっきりした約束があるにも関わらずに三恵に味方する市会議員の方々って皆さんはどう思われますか?
住民を守らない福知山市政(大橋市長)をどう思いますか?

三恵はどうしよもないあかん企業というのは既にはっきりしていますが、そのようなだめな企業に加担して住民を一緒にいじめる市会議員や市政ってなんなんでしょうか?
日本のエネルギー政策に汚点を残す、大失態をした実験に終止符を打たないと日本のエネルギー政策そのものに大きな影響を与えます。
悪い発電は即刻やめさせましょう!

住民と三恵で結ばれた協定書

協定書sumikesi

実名暴露 福知山でTOP当選したあの新人議員は三恵観光の手先!? 福知山の公害問題を長引かせる現況の市会議員4名はだれか?やばいぜ 舞鶴 森本たかしならこう変える!

子育支援を公約に福知山市の市会議員選挙でTOP当選した「小松りょうた」市会議員に投票した子育て中のお母さんからの陳情メールを公開します。
この陳情は小松市議が議員になって初めての陳情です。
子育て支援を訴えながら、子育てのための環境を守る訴えを冷淡に無視した小松りょうた市会議員のことを皆様はどう思いますか?

小松りょうた市議会議員様

おはようございます。
先ほどは朝早くから突然のお電話、大変申し訳ありませんでした。
私、福知山市土師新町東に住んでおります、〇〇〇〇(氏名非公開)と申します。

当選発表翌日に、息子2人(4歳、1歳)と一緒にご挨拶させて頂きました者です。
あの時はお忙しい中、私の話に耳を傾けて頂きまして、誠にありがとうございました。
改めまして、この度は市議会議員選挙ご当選、おめでとうございます。

この度ご連絡させて頂きました理由なのですが、あの日もお話させて頂きましたが、今私達家族が住んでおります土師新町東地区におきまして、約2年前から稼働と停止を繰り返しておりますが、この度本格的に24時間稼働となりました三恵バイオマス発電所より発せられる、臭い、騒音により、多くの住民の方々が被害にあわれております。先日も機械の故障により大量のパーム油が私達住宅街の下水道に流れこみ、トイレに行けないなどの被害が発生し、いまだに下水道除去作業が続いております。
この度の選挙で、通る選挙カーの議員候補さんにこのバイオマス発電所問題について何人かの住民の方がたずねられましたが、全く知らない方がほとんどでした。もちろん議会に話が上がった事すらありません。
しかしながらこの問題について名前は出しませんが、すでに稼働開始から現場にもこられ、何度も市民の声を訴えてきました議員さんがこの度も当選されておりますが、私はどうして力になってくれないのか、他の住民の方も思ってらっしゃる方がたくさんおられると思いますが、今回、小松さんの立候補を知り、同じ年代でもありますし、子供も同じ歳なので、やる気、情熱、信じてお話させて頂いております。

私自身も2017年9月より体調不良がはじまり、家中が排気ガスのような臭いが漂う日々がはじまり、おう吐、吐き気、頭痛がひどくなっていきました。その後、一時停止になり、体調は戻りましたが、やはり動きだすとまたこの何とも言えない臭いが窓を開けるとし(風向きや風速にもよりますが)臭いで吐き気と頭痛がします。
子供にも影響が心配で外を子供と歩く事もできません。洗濯物も干せません。窓も開けられません。
風向きと風の強い日が重なり、臭いのせいで頭痛がはじまり、だんだんと私の体調も悪くなりこの1週間以上、頭痛、吐き気、不眠、ふらつき、精神的肉体的限界を感じ、病院へ診察へ行きましたところ、やはり「発電所からの臭いと騒音、またそれによりかかるストレスなどからの公害被害で間違いないです。貧血もある為に余計にしんどさが増す。今すぐに引っ越ししなさい!薬を飲み続けても、この環境がかわらなければ治らない」「子供にも悪影響なのわかるよね?今すぐに逃げなさい。本当に早く引っ越ししなさい」「裁判したって何年もかかるし、発電所は停止しないよ」と強めのお言葉の診断でした。

もうすぐ2歳になる次男なのですが、発電所からの音に反応するようになり、頭上をやたら見上げるようになり、話だして出てきた言葉が「ヘリコプター?ずっと音がする」臭いを気にしながら散歩に出る日には、やはり歩きながらずっと頭上を気にしたり、公園(土師新町南)で遊びながらでも「ヘリコプター?」とずっと聞いてきます。長男も以前から臭いと言っております。次男には先天的の病気があり、生まれて3日で市内の大学病院へと緊急ヘリコプター搬送され開腹手術をうけ、一命はとりとめ、今があります。多くの事は望んでおりません。

子供と笑って手を繋いで散歩したい。不安なく眠りたい。呼吸をしたい。助かった小さな命、これからもどうか元気で育ってほしい。 ただただ当たり前の事を願っていると思うのですが、私は間違っていますか?

子供とのこのような生活が本当に幸せか?どう思われますか?>
私は結婚し長男ができ妊娠中にこちらに家を購入し引っ越ししてきました。そして次男が生まれすぐに発電所が動きだし、悪臭が漂いだしました。
こんな思いをするなんて思ってもみませんでしたし、本当に毎日つらく悲しく情けないです。
私が発電所からの臭いや音に反応してしまうのが悪いのか…。私は悪い事はしていないつもりですがどうして逃げなければならないのか…。
体調不良で頭痛がひどく子供にも優しく接するのが難しくなってきており本当につらく悲しく、やり場のない怒りでいっぱいです
そこでお願いがあります。市に自治会より色々お話させてはいますが、国が認めた事業なので管轄外との事で、指導が難しい状況です。>
しかしながらこの問題が起こっているのは福知山市です!!!困っているのは福知山市民です!!!

福知山市は、電車脱線事故、花火事故、水害など何かと良いニュースが少ない中で、大河ドラマの明智光秀が決まり福知山市をアピールされる良い機会なのですが、だんだんとこのバイオマス発電所についてTwitterやFacebook、新聞記事などの拡散がはじまり、せっかくの良い福知山市の印象が悪くなるのでは?と思っております。

それ以前に体調不良の方も増えてきており、眠れない日々を送っておられる方、臭いで苦しんでいる方、私達住民はもうこの約2年、停止期間はありましたが我慢し、さらに悪化する現状や生活に限界です。

三恵観光との自治会とのやり取りなのですが、こちらの願いにも答えて頂ける様子もなく、協定書を結んでおりますが、全く意味のない無意味な紙切れ状態です。
どうかどうか、お力をかしては頂けないでしょうか。

詳しいお話を聞いては頂けないでしょうか。
市議会議員スタートのはじまりで大変お忙しい中、本当に申し訳ありませんが、どうかどうか、私達市民の声を聞いては頂けませんでしょうか。お願い致します。

長文になり誠に申し訳ありません。
お忙しい中、誠に申し訳ありませんが、お返事頂けましたら幸いでございます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。> 平成31年4月29日  〇〇〇〇(氏名非公開)

小松りょうた氏の返信メール

返信が遅くなり申し訳ございません。小松です。
この件は、選挙期間中呼び止められて、現場を見聞きさせてもらいました。
そこに議員としてどう関われるかまだ私の勉強不足なところもあり、お力添えは今のところ考えておりません。

もちろんお困りなのは承知で大変心苦しいとこほではありますが、今の正直な考えです。また私自身どの選択肢が皆様にとってベストかが見えないところもあります。

こんな答えで申し訳ないですが、本日で一旦臨時会から続く一連の議会活動などが落ち着きましたので返信いたしました。

「お力添えは今のところ考えておりません。」

小松りょうた福知山市会議員は回答以後に公害問題請願申請の反対票に1票を投じました。

福知山のバイオマス発電所がビジネス的な観点から再稼働できない理由


再稼働できない理由
1:採算が合わない
パーム油の価格が高騰中(コロナとラニーニャ現象)中国の購買力の増加で世界的に油価格が高騰中 植物油とも競合
特にRSPOの余剰需要は無いはず
普通のパーム油で1tあたり49289円→81344円に高騰中

太平洋東部の赤道付近の海域において海水面の温度が平年よりも低くなる現象。同海域の海水面温度が異常上昇する「エルニーニョ現象」のちょうど逆の現象。

エルニーニョ現象およびラニーニャ現象は、ペルーとエクアドルの沖合から西方へ、太平洋のほぼ中心部まで伸びた海域で見られる。数年間隔でエルニーニョ現象とラニーニャ現象がほぼ交互に発生しており、セ氏温度で数度~十度弱ほどの温度差が同じ海域で発生していることになる。

ラニーニャ現象およびエルニーニョ現象は、周辺海域だけでなく世界各地の気候変動を伴う。日本でもラニーニャ現象およびエルニーニョ現象の発生に伴い、平年よりも気温が異常に上がったり、あるいは下がったり、雨量が異常に増えたり減ったりといった影響が観測される。

2.油を買付できない

パーム油は普通にスーパーで売ってるような油と違う
ルートがないと変えないし専門の商社も必要、特に需要が逼迫しているなかで基本的に商社は通常ルートに降ろすのを優先する
仮に購入できたとしてもRSPOの新規購入の場合は例えば長期契約で前払い、保管タンクも大量に必要 小規模の発電所では輸送、保管コストも採算に合わない
多額の前払金が発生する
日本のNGOがエンゲージメントとして商社に対して三恵に油を売るなという活動をしているので日本では購入できない。
油の輸入は専門のタンカーなどノウハウがないと不可能

NGO書類エンゲージメント

3.メンテナンスできない

普通に考えて半年も停止した発電機は分解・洗浄して組み立てるオーバーホールが必要
しかも軽油仕様の発電機をメーカー保証の無い改良を行っている。
メーカーも公害問題は把握しており指定用以外の保守メンテナンスに応じるわけがないのです。

デンヨー_20200925

保守メンテナンスを請け負っているのは日本バイオディーゼル機器ですが、このような大騒動になって仲良くしているわけがないです。
普通で考えると三恵が日本バイオディーゼル機器を重大な瑕疵で訴えるのが当然のレベル
それなのに三恵が金を払って日本バイオディーゼル機器に保守メンテナンスを頼めるわけは無いです。
当然、三恵には再稼働させる技術も技術者もいるわけがないし、他社もメンテナンスは断るはずです。もちろん部品も入るわけがないです。
油の仕入れも日本バイオディーゼル機器ルートであると思いますのでその点でも再稼働は無理。
仮に無理やり動かしても一回停止したらもう動かせないです。

4.事業目的を達成することが不可能になった。

福知山の発電所は実験施設です。最初に社長も断言してたし発電も小規模すぎて費用対効果が悪い発電。
それをつくった理由は市場規模が縮小するパチンコ屋跡地の有効利用のためだったのです。
三恵の本業はパチンコ屋、同業者にノウハウを売るつもりだったのだと思います。
ですが事実上、公害問題で日本でのパーム油発電事業を潰したのが三恵
舞鶴の日立造船パーム油発電の事業を潰したのも三恵といえるくらいひどい実験でした。
当然そのような企業からノウハウ買うわけがない

杉本社長は会社のホームページで1000億の企業にすると述べてますがパーム油発電売る気だったはずですがすでに大失敗です。
事業目的が大失敗したばかりか日本のFIT制度史上に残る大失態を晒した三恵観光に次の発電事業は無いです。

5.損切できる金額

三恵の弁護士は事業費5億、土地1億というてますがふっかけ過ぎ
あのような崖地でいわくつきの物件に1億も値がつくわけがない
事業費も既存発電機の改良となると原価で1億ぐらい 日本バイオディーゼル機器がどこまで乗せてるか?
事業費はリースと推測されるのでリース費用も加算しているであろうが5億は無い

私達の調査では三恵の売上は107億 利益で2億1千万 一方、三恵エナジーは売り上げ1500万、赤字経営 だと推測されます。
売り上げ100億の企業なら仮に5億くらい損切に十分耐えられるレベル
しかも、長期間にわたり公害問題で社会的に糾弾されるくらいなら辞めたほうが絶対にマシなレベルの事業です。
NGOが三恵の銀行に融資ストップの要望も送ってるので再稼働させて問題になる方が経営リスクとして遥かに大きいのです。

ですのでビジネス的な観点か再稼働の可能性を探った場合、限りなく再稼働はゼロに近いのですが・・・・・

三恵は住民を再稼働をちらつかせて脅して福知山市に立ち退き料を出させるように交渉しているのだと私は読んでいます。





狙われた福知山市の税金7億円 加担する市会議員は4名 加害企業(三恵)が被害者と福知山市に対して立ち退き料を請求 行政文書に記されてた証拠を暴露します。三恵福知山バイオマス発電所

令和二年7月7日 三恵福知山バイオマス発電所の問題を話し合うために土師新町自治会と福知山市、三恵観光株式会社との協議記録(公的文書)を暴露します。
加害者である三恵観光は被害者である住民に対して名誉毀損で損害賠償請求をちらつかせて、なんと7億もの税金を廃炉費用として提案してきました。
加害者の事業失敗のつけを税金で払わそうとしているのです。
この驚愕の事実に福知山市民はどう思うのでしょうか?

クリックでページは切り替わります。

三恵観光が7億を請求した記録公的文書

再調査:三恵バイオマス発電の公害調査 福知山市民、宮城県石巻市須江地区の住民の方はこれ見ても平気ですか?

福知山市内で「パチンコダラム」「サンケイボール」「サンケイバッテイングセンター」「あそVIVA本店」などのアミューズメント施設や「サンロイヤルゴルフクラブ」
「らーめん藤」 コインランドリーの「サンケイどるふぃん」などを運営する三恵グループが運営する三恵福知山バイオマス発電所の公害について再調査を行いました。
詳しく動画で説明します。

このような深刻な被害を訴えているにも関わらず福知山市は関係ないと申しています。
福知山市会議員の一部議員は我関せず、行政は民事問題には介入するななどと加害者側に肩入れする議員も5名ほど私達は把握しています。
この件は別の動画を準備中です。

石巻市須江地区のバイオマス発電計画区域の方は必見です。
石巻よりも遥かに小規模の発電所でこの状態です。
この被害を見て安心だとは私は信じられないです。
被害者が診断書を公開するくらい精神的に追い込まれている点、克明な被害のメモなどよく読んで石巻市に必要な施設かどうか?判断してください。
建設されたらこうなります。・・・・

動画の資料

sannkeikougaikiroku

sinndannsyo_墨消し済み

福知山市民に伝えたい 三恵観光の公害問題を解決する方法 最低最悪の事業者&ぼんくら行政との戦い方を教えます!

私、本当に怒っています!
公害を撒き散らしながら放置を続ける事業者と経営者、市民を放置する行政と市議たち
あまりにもひどい福知山市に私達は立ち上がらなくてはなりません!

三恵福知山バイオマス発電の廃炉運動をおこなう「舞鶴西地区の環境を考える会」とは?

私たちは「舞鶴西地区の環境を考える会」という舞鶴市内に拠点をもつグループです。
昨年、舞鶴に日本最大級のパーム油発電計画が立ち上がり、その反対運動の為に立ちあげた団体です。
発足当初に土師新町の公害被害者の体験談を聞いたことから交流が始まりました。

2020年1月には一緒に上京し、経済産業省、環境省に陳情したこともあります。

同じ問題を抱える団体としてご一緒に講演活動をする機会も多く、親交を深めてまいりました。
幸いなことに舞鶴の計画は6月に事業者が撤退を表明し、停止に追い込むことができました。

しかし、残念な事に福知山の公害問題は現在も解決していません。
そこで舞鶴西地区の環境を考える会は本来ですと目的を達成したので解散すべき所ですが、「福知山の公害問題も私たちの問題である」との認識から福知山の公害問題が解決するまで会を存続して引き続きパーム油火力発電所の問題を追及することを決めました。

福知山の公害問題に取り組む為に私たちは当初、サポート役に徹する予定でしたが状況は改善されません。
それどころか状況はどんどん悪くなるばかりです。

福知山市が住民が必要な情報公開を受け入れない件三恵側議員と思われる市会議員の妨害工作急遽行われた発電施設の改修工事、など住民を不安にさせる三恵観光側の行為と住民と寄り添わない福知山市役所など公害被害者である住民軽視も甚だしいのが現実です。
さらには住民側が申したてた公害調停すら三恵観光は破棄するとの話も巻き起こり、住民の心労たるや想像を絶する苦痛です。
そういったお話を聞くにつれ、サポートする側の団体としては我が事のように悲しんでいます。
私たちも同じように舞鶴市や舞鶴市長、市会議員からの圧力、誹謗中傷や妨害工作を乗り越え戦ってきたのですが、同士としてサポートするだけでいいのか?
という想いが沸き上がってきました。

度重なる嫌がらせで土師新町の住民達の心は折れる一歩手前です。
本当に
「自殺者が出てもおかしくない一歩手前」なのです。

そこで私たち「舞鶴西地区の環境を考える会」は、舞鶴でともに戦った他の団体にも働きかけて福知山の公害問題に直接介入する事を決意しました。

「舞鶴西地区の環境を考える会」の作戦は?

舞鶴の福知山も同じような街で気候風土、人の気質なども似たものです。
福知山公害被害者の状況はよく理解しています。
その中でも「しがらみ」という気持ちの部分が活動を大きく阻害しているのです。

公害被害者の方達は本当に心優しい方ばかりです。
優しすぎて加害者である三恵や妨害工作を行う市会議員などにもついつい配慮してしまうのです。
そんな事じゃ勝てないと頭では分かっていても優しさの余り行動できないのです。


しかしながら私たちには福知山に対するしがらみは一切ありません。
そこで第三者の私たちが地元のしがらみに囚われずに様々なアクションを行う事で三恵観光の公害施設を廃炉に追い込みます。

舞鶴の反対運動では様々な妨害工作を受けました。
舞鶴市長、副市長が率先して市議達を使い住民分断作戦や、市議会での住民に対する暴言など目に余る「住民いじめ」を経験しました。

沢山の経験から私たちが学んだことは

「情報を隠さずにすべて公開する」

このことが重要だと確信しています。
私たちは、今後は自らの責任で関連する情報を収集し、分析して情報を公開していきます。
日本中、世界中に対して「普通ではない福知山の現実」を白日の下にさらして抗議を続けます。
また本件には、自分たちが不誠実な行為をしていることにすら気が付かない人々が沢山存在しています。
そういった方々に対しても啓蒙の意味をも含めまして抗議を続けさせていただきます。



私たちの舞鶴の仲間が闘病中です。
理不尽な制度の下で望む治療が受けられずに困っています。
署名にご協力ください。

私たちの仲間 田中啓介さんを助けるための署名にご協力ください

福知山市議会での問題発言

昨日福知山市の議会総務防災委員会という会議で三恵の公害問題が話し合われたとのことです。
その中の1議員が「民間同士で調停中なので関与しない方が良い」と申したそうです。
福知山市の市民が公害で苦しんでいるのに市議が民事不介入を提案するとは・・・・
この市議、請願の際も住民側が調査に使った騒音計にたいしてAmazonで購入した機械なんて信用できないとまで言ったとか言わないとか?
市議として市民に寄り添う姿勢というものを見せられない物でしょうか・・・・
三恵に荷担する、パーム油発電を推進するならそれはそれで良いんです。
多様な考え方があるのは素晴らしいこと
公害よりも経済という考え方もあっても良いとは思いますが、そこは正々堂々と訴えるべきで民事不介入だとかAmazonでかった騒音計が信用できないとか議員としてどうのこうの以前の問題だと思います。

ちなみにDIYSTYLEでは商品開発の実験のために高価な騒音計を保有しています。
高価な騒音計は複雑な分析をするのが特徴で単純に音の大きさを測るのなら安い騒音計でも十分です。
環境が安定しない屋外測定なら安物でも十分です。

京都大学の指導で三恵バイオマス公害の実態調査を始めました。

加害者である三恵観光より、土師東区自治会に対して”妨害行為をやめるように”との内容で福知山簡易裁判所に民事調停を申立てられました。
更に「発電所の公害問題と健康被害との因果関係を立証してみよ」と調停の中で言って来ました。
地元医師に健康被害との因果関係にいて相談して参りましたが、どの医師の方も診断書は書けるが因果関係の証明は難しいと言われていました。
そういったことから福知山近辺の医師や専門家では医学的な因果関係を証明出来ないと判断しての言動だと思います。

京都大学名誉教授2名が全面協力

京都大学医学科名誉教授の小泉先生と、同じく京都大学地球物理学名誉教授の小林先生に相談したところ、疫学的調査により因果関係を証明出来るとお聞きし、これまでご指導頂き調査表を作成しました。
被害地域だけではなく、出来るだけ広範囲な地域で行う必要が有るそうです。
この度、土師東区はもちろんですが、土師南区や宮町、土師町の地域についてもご協力をして頂ける運びになり、結果的に土師地域の多くの住民の方が発電所の公害問題に懸念を抱かれる結果になっています。