市長の記者会見について

4月24日の市長定例記者会見で「パーム油火力発電所の推進を表明」した事についての新聞報道について報告させていただきます。
ご心配の方々も多いとは思いますが、市長発言は想定内で市長発言によって今後の行動が変わる事はありません。

市長発言について事実と異なる点を反論します

1.「事業者による最初の説明が中途半端で住民の不信感となった」は誤りです。
担当であった舞鶴市の小森室長の不誠実な対応が発端です。

2.「どちらが論理的かどうかをしっかりと理解していただきたい。」と発言されていますが事業者側の一方的な意見を押しつけないでください。
私たちは素人です。
素人に対して一方的に自分たちの技術を押しつけるような文章を送付されても理解できません。
ですので公平な第三者の専門家をいれて話し合いをしてくださいと申してるのに「日立造船だから安心」という意味不明な理由で勝手に自分が論理的だとは決めつけないください。

3.「私の信頼している筋からは必要な事業と理解している住民もそれなりにいると聞いている」と発言されていますが、地元から直接会って市長の話を聞きたいという要望を無視して、市の職員でも無い第三者のご意見を取り入れられるようでは、話にならないです。

4.「時間的猶予はあまりない、AMP社にかわる事業者がみつからないとやめざる終えないだろう」について
既に私たちの作戦通りです。
そうなるように仕向けていますが気が付かなかったのですか?

※引用:2020/04/25 毎日新聞朝刊

毎日新聞の記事はこちら

https://mainichi.jp/articles/20200425/ddl/k26/010/462000c?

(祝)AMP社よりパーム油事業から撤退する通知が送付されました!

2020年4月23日 AMP社から舞鶴西地区の環境を考える会に舞鶴のパーム油発電から事業撤退する通知が届きました。

令和二年4月22日

関係者各位

AMP株式会社 代表取締役 ポール・エゼキエル

当社の舞鶴バイオディ-ゼル発電所開発事業への取組みに関するお知らせ

Amp株式会社(「当社」といいます。)及びAmp株式会社の関連会社(「当社グループ」といいます。)は、舞鶴グリーンイニシアティブス合同会社を通じて行われております、京都府舞鶴 市におけるバイオディーゼル発電所(設備ID: 0 9 7 1 4 2 6 E 2 6)の開発事業(以下「本案件」といいます。)につきまして、下記のとおり撤退する旨を決定いたしましたので、お知ら せいたします。

  1. 当社は本案件の事業化に向けた検討を中止し、本案件から撤退いたします
  2. 本案件の検討の中止に伴い、当社は、本案件の撤退に必要な諸手続を関係各所と進めます
  3. 本案件からの撤退後、当社及び当社グル-プは本案件とは一切の関係が無くなります
  4. 今後、当社及び当社グル-プではパーム油を燃料とする発電事業の検討は行いません

クリックでページがめくれます。

AMP撤退のお知らせ20200423

AMP社撤退 皆の熱意が企業を動かしました

2020年4月23日 毎日新聞朝刊京都版にて

舞鶴パーム油火力発電所の投資会社であるAMP社が撤退 

という大スクープが発表されました。
非常に嬉しい大ニュースでAMP社の英断に感謝いたします。
AMP社は日本のFIT(固定価格買い取り制度)に一石を投じる大きな決断をされました。
AMP社の勇気ある決断が、今後の日本の再生可能エネルギー問題を良い方向に導くと私たちは確信しております。

また、パーム油問題には沢山の皆様が応援、支援していただいています皆様にもお礼を申し上げます!

皆様の熱意でAMP社を動かし撤退に導きました!
その熱意は必ずや日本の再生可能エネルギーを良い方に変革して、地球環境問題の解決にもつながると確信しております!

私たちが諦めずに頑張れば社会を変えれる!

今日の歴史的瞬間とも言える大ニュースは「毎日新聞」にて読めますので
是非とも購入して読んでください。

日立造船、舞鶴市という大きな敵も残っていますのでまだまだ油断せずに戦いましょう!

環境への予測計算はあてにならない

工場などを計画する場合、環境への影響度合いを事前に計算して予測することが多いが、ほとんどの場合、操業後の測定値が予測値を超えあてにならない。その事について騒音予測について述べてみたい。

 日常生活の中で風向きにより音の伝わりの違いに気が付くことがたくさんある。私の住んでいる地域は、吉原小学校と福井小学校の間にあるが、北寄りの風の時には吉原小学校の放送が良く聞こえ、南寄りの風の時は福井小学校の放送が良く聞こえる。

 音は空気を介して伝わっていく。従って空気の流れ(風)と音が伝わる方向が同じだと音の伝わり方(音の速さ)は早くなり、風の方向と逆であれば音の速度は遅くなる。風は地表面抵抗の影響で高くなればなるほど風速が速いので、順風であれば高いほど伝搬する騒音の速度が加速され速くなるので風下側では空気にも粘性があるので下向きに曲げられ、その結果として地上へは音が伝わりやすく、逆に風上側では上空になればなるほど風の伝わる速度が減速され遅くなるので上向きに曲げられ地上へ伝わりにくくなる。その模式を表現したものが下図です。これはあくまで定性的に言えることで定量的に表すことは難しいようである。

F:\バイオマス発電所\反対活動\環境の予測\風の影響.jpg

いろいろと調べておりましたら、音響学会の文献の中に次のように記載されているのを見つけました。それを抜粋します。「気象の影響による騒音レベルの変動については、気象条件が場所や時間により複雑に変化すること、また各要因が相互に影響しあうことによりその程度を定量的に答えることは難しい。なお、屋外における音の伝播実験を行った結果から、風および温度分布によるレベルの変動幅は、周波数が高いほど、また伝播距離が長いほど大きく、100m程度での比較的短い距離でも10~20㏈程度、1km程度では20~30㏈程度になるという例もある」とあった。

 今年1月25日の説明会で、「風を考慮した騒音シミュレーションは出来ないのでは」と質問したところ、日立造船も「風を考えた騒音計算はできない」とそのことを認めたうえで、「風の影響などシミュレーションに反映できないことを考慮し、安全サイドにと予測計算結果に3㏈加算している」との事。

 3㏈の違いは、音圧にして約1.4倍ですから確かに小さなものではないとは思います。舞鶴市に3㏈の根拠を聞いたところ、「ラジエーターが剥き出しの為温度上昇があり温度の騒音への影響は大きいので+3㏈している」との答えであった。おそらくいろいろな問題が考えられるのでそれらの不確定な要因を考えて安全側に+3㏈しているのだろう。しかし、上述の音響学会の論文ではレベルの変動幅が10㏈以上あったという事であるので、安全サイドになっているとはとても思われない。予測計算を信じることはできないことになる。

 現に福知山のバイオマス発電でも、説明会では騒音の予測値として、建物の外壁の外すぐ近くで最大50㏈と説明していたが、実際は73㏈だったというように、多くの場合に予測値を大幅に超えるケースがほとんどである。要は、建設側は都合のいいデーターを作り建設をとにかく進めたいのである。

                            (文責 齋藤裕靖)

そこまでして金が欲しいか日立造船!

先ほどお電話をいただいた匿名希望の方から頂いたお言葉
「そこまでして金が欲しいか日立造船!」

アイデイア募集中
を読んでお電話頂いたとの事です。
実際に株取引もされている方との事で有意義なアドバイスをいただきました。

アドバイス
日立造船の株を保有する個人株主は舞鶴には多いと思う。
株主は企業が株価を下げるような行為は嫌がります。
株主は利益になる行為にはあまり注目はしないですが、株価を下げるような行為、今回のパーム油火力発電のような社会的な信用を無くす行為については敏感なので株主に訴えるのは良い作戦だと思います。
私も日立造船の株主を探してあげると心強いお言葉をいただきました。

舞鶴の個人株主は日立造船に関連する人かファンで長期間、塩漬けにしてる人が多いと思うのでそういった長い間株を保有してる人が日立造船のファンをやめるというのはインパクトがあると思うので頑張ってください。
というお言葉をいただきました!

そこまでして金が欲しいか日立造船! 強烈な株主のお言葉です

勇気を頂きまして更に頑張れます!

毎日新聞に掲載 ほぼ全住民「建設反対」

2020年4月11日 毎日新聞に掲載されました。
内容は
4月11日に提出した喜多地区のアンケート

について取材していただきましたが、毎日新聞記者のパワーワードが炸裂しました
パーム油発電所 ほぼ全住民「建設反対
舞鶴の反対運動を表す素晴らしい言葉です。

ここまで強い言葉を掲載頂いたのは毎日新聞が初めてです。
この記事を契機に舞鶴の毎日新聞購読者が増えることを祈っています!

「2020年4月11日 毎日新聞掲載記事」

喜多地区住民アンケートをおこないました

3月に喜多地区自治会として住民アンケートをおこないましたので結果を公表するとともに改めて計画の撤退を舞鶴市に対して要望いたします。

今回、喜多地区の住民は舞鶴市と日立造船が強引に推し進めるパーム油火力発電に対しての住民の不安をアンケートで収益しました。
項目1~6に優先順位をつけて下さいというアンケートでしたが優先順位はつけれない、すべての項目に不安を抱いていますという方々も多数見受けられました。
すべての項目が不安というのはアンケートを実施した私たちも同じ気持ちですがあえて、順位をつけるとすると下記の結果になりました。

圧倒的1位は「騒音・低周波・悪臭など近隣への影響が心配である」
2~6位に関してはどれも甲乙つけがたく心配であるという回答になりました。

令和2年4月10日

アンケート

市提出アンケート結果

アイデイア募集中:今年度の活動予定

活動方針
市長から日立造船の信書から本事業のキーマンは舞鶴市長(多々見良三)と日立造船 代表取締役会長 古川 実(現在は谷所敬)だと確信しています。
各種情報を集約しますと、この2者 舞鶴市長と日立造船が執拗に計画を進める事が最近の行動から見えてきました。
本来ですと舞鶴市長へ要望を届けるのが本筋だとは思いますが、残念ながら「地域エネルギー推進担当課長」を配置するなど住民側と対話をおこなう気は無さそうです。

そこで本年度のターゲットは日立造船の株主に向けて活動したい」と考えています。

今まで舞鶴の経済活動に多大な貢献を頂いた日立造船に弓引く行為で大変申し訳ないとは思いますが日立造船の事業よりも私たちの生活が大事です。
苦渋の選択ですのでご理解下さい。
また「パーム油火力発電所のような地球環境に最悪の施設を日立造船が率先して作るべきでは無い」とも私たちは考えています。
万が一建設がされた場合、住民被害は確実で日立造船のブランドを大きく損なう行為だと確信しています。
日立造船に憧れ、慣れ親しんだ日立造船の蛮行を止める為にも私たちは活動していきたいと考えています。

投資撤退(ダイベストメント)の要請

私たちはすでに連携するNGOの力を借りて日立造船企業株主の調査に着手しております。
日立造船の株主に対して、日立造船はSDGsに反した事業を進めようとしており投資に値しない企業なので、株式を売却して投資撤退して下さい(ダイベスメント)、という手紙をNGOの力を借りて送る準備をしております

日立造船の株主を分析

40%を占める個人株主は私たちが担当

個人株主に関してはすでに数名の方に反対運動に協力頂く約束は頂いていますが、まだまだ小さな力ですので、日立造船の株主をご存じの方はお知らせ下さい。
個人株主には私たちの声に賛同して頂けるように説明させていただきます。

※文中の日立造船は本社及び環境事業本部への対策です。
本件に舞鶴の事業所は関係無いと認識しています。

令和二年度の活動内容

4月
・喜多地区アンケート調査を舞鶴市へ提出(4月10日)
・舞鶴市長への署名提出
・投資撤退(ダイベストメント)の要請
・日立造船 個人株主向けPRを開始

5月
・ネット広告開始(日立造船 個人株主向け 計画撤退を求める広告)
・YouTube動画配信スタート

6月
・舞鶴市全戸へのちらし配布
・日立造船 株主総会の会場前でデモ活動
・日立造船株主からの質問(株主総会)

7月
・反対運動側主催の住民説明会(西舞鶴200人規模)
・反対運動側主催の住民説明会(東舞鶴100人規模)
・舞鶴を訪れる観光客向け 1万人署名活動

8月
・舞鶴を訪れる観光客向け 1万人署名活動
・舞鶴の環境を考える為の市民勉強会(第一回)スタート

9月
・舞鶴の環境を考える為の市民勉強会(第二回)

10月
・舞鶴の環境を考える為の市民勉強会(第三回)
・世界のNGOと繋がろう(WEB会議)
※中国開催のCOP15は延期になりましたのでWEB会議を用いて世界のNGOに協力を求める活動を開始します。

11月
・反対運動側主催の決起大会(西舞鶴200人規模)
・反対運動側主催の決起大会(東舞鶴100人規模)

12月 
・経済産業省、環境省への二回目の署名提出
・記者会見
・舞鶴の環境を考える為の市民勉強会(第四回)

1月
舞鶴の環境を考える為の市民勉強会(第五回)

2月
舞鶴の環境を考える為の市民勉強会(第六回)

3月
舞鶴の環境を考える為の市民勉強会(第七回)

※予定の大規模集会等に関しては新型コロナウイルスの影響を鑑みて判断させていただきます。

発端は舞鶴市長 多々見良三の信書(手紙)から始まりました。

この書類は舞鶴市長(多々見良三)が日立造船の社長 古川  実にあてた信書(手紙)です。
この信書により日立造船のパーム油火力発電所の計画が進み、舞鶴市民を混乱の渦に陥れたのですが私たちの調査(情報公開制度)によると、担当課の決済印や議会を通した書類は一切無く、市長自らが個人的に送った信書という体裁になっています。

つまりは市長の独断での誘致が今回の舞鶴の混乱の原因なのです。

無知は罪では無いが・・・理解したうえで計画を進めるならばそれは大罪です。

私たちの活動は当初からすべてを理解していた訳でも無く、パーム油自体の危険性についても無知でした。
沢山の方々に支えられ、教えられて現在の知識を得ましたので信書を作成した当時の多々見市長を責めることは私たちにはできません。
私たちも多々見市長も舞鶴市の担当者も日立造船も信書作成当時は同じ無知であったのですから・・・
そういった考えの元に私たちは学び、そしてそれらを舞鶴市や日立造船に伝えようと努力を重ねてきました。

舞鶴市の担当者も公害で住民が苦しむ福知山三恵観光が運営するパーム油バイオマス発電所(火力発電)を視察し、公害に苦しむ住民との対話もおこないました。
福知山の被害者住民も舞鶴市に深刻な公害を訴えて舞鶴市に対して絶対にパーム油発電を建設してはならない旨を伝えてくれました。

その他、様々なNGOや団体、個人がパーム油火力発電に反対を表明しており、新聞でも何度も報道されました。

舞鶴市民も住民説明会では必死の思いでパーム油火力発電所の抱える様々な問題を訴えてきました。
私たちの切実な訴えは少なくとも舞鶴市の現場担当者達には届いていたとは信じています。

3月の市議会でも「舞鶴市長に現地の話を聞いて欲しい」という質問に対して、「すべて報告をうけて私が(市長が)判断している、市長が現場に出向く必要は無い」と多々見市長は答弁していたので、私たちの訴えが届いていないわけでは無いのです。

舞鶴のパーム油火力発電所問題に住民が関心を持つようになったのは令和元年7月のWWFの公開質問状からです。
問題があらわになった7月~4月までの8ヶ月の間に自ら学び、有識者の意見を聞き、部下からの報告を聞く時間は十分にあったはずです。

多々見市長はすべてを理解したうえでパーム油火力発電所の誘致を進めている。

パーム油火力発電所が発生させる公害、住民の悲しみと不安、地球環境の破壊、生産地である熱帯雨林の破壊に貴重な動植物への影響、人権弾圧、搾取、温室効果ガスの排出、など沢山の意見をすべて理解した上で多々見市長は誘致を進めているのです。

下記信書の赤字部分をじっくりと考えて読んで考えて下さい

舞鶴市長(多々見良三)が日立造船の社長 古川  実にあてた信書

信書
謹啓  春暖の候、青殿におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

また、過日ご来鶴いただいた際には、御社による発電事業計画をはじめ、大連市におけるゴミ焼却プラント建設、木質バイオマス発電構想等について有意義な意見交換が出来たことを、大変嬉しく存じております。

さて、明治 3 6 年開設の舞鶴海軍工廠を前身とし た御社舞鶴工場におかれまして は、1 1 0 余年にわたる本 市との縁を築いていただいており、近年では、環境研究センターや制御機器セ  ンターの建設など、製造。開発の中心として本市の産業振興に多大なる貢献をいただいておりますことに、改めて感謝申し上げる次第であります。

ご高承のとおり、舜鶴市を取り巻く交通インフラ整備状況は、一昨年に舞鶴若狭自動車道が、昨年には京都縦貫道が全線開通し、京阪神地域はもとより、北陸や中京圏とのアクセスが格段  に向上するとともに、日本海側拠点港に選定されている京都舜鶴港の利用価値も益々高まり、本市をはじめとする京都府北部地域は;人・モノの流れが大きく変わる、まさに飛躍の時を迎えております。

このような中、御社のパーム油によるバイオマス発電事業計画に関しましては、経営方針と諸条件を照らし合わせ、御社にとって最適な用地を選定されるものと存じておりますが、舞鶴市は昔から災害が少ないまちであり、懸念される大規模地震を起因とする津波被害につきましても、湾の形状から全く問題なく、ご期待に沿えるものと考えております。

市といたしましては、京都府や関係機関、それに地元とも密に連携し、各種手続きや地元対応、雇用人材の確保など御社からのご要望には誠意をもって最大限に対応させていただくことをお約束申し上げますので、立地に際しましては是非とも  市を選定いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。後になりましたが、御社の今後益々のご発展と、骨殿のご健勝を心より祈念いたします。 
謹白

平成 2 8 年 4 月吉日

日立造船株式会社 代表取締役会長 古川      実様

舞鶴市長      多々見見良