まとめ(速報)宮城県石巻市日本最大級 パーム油火力発電所計画が勃発

東北大地震で壊滅的な被害を受け復興中の宮城県石巻市で舞鶴の計画をはるかに上回るパーム油発電所が計画されていることが明らかになりました。
建設予定地は被災者の多くが移住する「しらさぎ台近隣」
福知山市のような健康被害が伴う公害が発生する恐れもあり、注意が必要です。

石巻パーム油火力発電所 事業概要

事業名: G–Bio(ジー ・バイオ)石巻須江発電事業
所在地:石巻市須江字瓦山地内
面積: 約8 万㎡(発電事業面積 4万 6 千㎡)
手続き段階 :第一段階の方法書終了(Rl•6•12知事意見書提出)、第二段階の途中
規模: 10万2750kw(発電出力)
燃料:G-Bio Fuel.P・パーム油
運転開始 2024年予定(2021年着工)

舞鶴のパーム油火力発電所が6万5590KWですので舞鶴の約1.5倍 日本最大規模の記録が塗り替わることになります。
燃料はG-Bio Fuel.P・パーム油

ドットPとは?
メーカーホームページによると

『G-Bio Fuel.P』の原料となる植物は、熱帯から亜熱帯地方にかけて自生するマメ科の常緑樹です。
油の生産能力(単位収量)は、植物油の中では最大です。
機械による収穫が可能で、パーム油の生産コストを大幅に下回るコストで大量生産することができます。
メーカーホームページ

Fuel.Pという新しいバイオマス油の開発・生産を行い軌道に乗るまではパーム油を使用するという事業スキームと思われます。

ここで注目すべきニュースが掲載されました。

https://www.farmlandgrab.org/29758

アフリカ・モザンビークで日本政府が進めるODA大規模農業開発プロジェクト「プロサバンナ事業」。
大規模農業化を進めることで「土地が奪われる」と当初から懸念の声が相次いでいましたが、ついに日本政府が中止を決定しました。

という記事です。
Fuel.Pの開発・生産がモザンビークのODA関連なら計画はすでに破綻しており、パーム油が継続的に利用されることになり可能性があります。

石巻市の皆様、発電所周辺での公害被害、パーム油生産国での地球規模の環境破壊を伴う可能性がありますのでご注意ください。
モザンビークODA関連報道にも注意が必要です。

関連ホームページ

事業者 Gバイオ

燃料

河北新報

関連ブログ記事

宮城県

参考資料(近隣住民から入手した資料です)

石巻資料7/22

舞鶴西地区の環境を考える会としても石巻市の案件は注目しています。
情報提供を求めていますので情報ありましたら連絡してください。

三恵観光に対する公害調停の新聞報道

事業者側による「話し合いを進めている最中で・・・」というのは「被害を無くすのは無理、6億払え、営業妨害だ!」
っていうのが事業者の話し合いらしいです。
そんなん話し合いじゃなくて恫喝だと私は思いますが皆さんはどう思われますか?

反撃開始~公害調停が始まります!

福知山住民被害者有志と京都弁護士会により三恵観光杉本潤明社長と福知山市長に対しての公害調停が始まります。
京都府庁にて記者会見も予定していますので今後の動向にご注目ください。

日程 7月30日(木) 
    AM10時半 調停申請書提出(京都府環境管理課)
    AM11時  記者会見 京都弁護士会有志 7名(代理人)
               住民代表    10名
申請人 107名 

申請の相手方(敬称略)
1.三恵観光株式会社 代表取締役 杉本潤明
2.福知山市 市長 大橋一夫

申請内容
(事業者に対するもの)
1.住民説明会で事業者が約束した事項の履行
 ⇒臭気・騒音・低周波音・ばい煙(NOx)についての適切な測定及び具体的改善措置の実施

2.経済産業省のバイオマス事業計画ガイドラインを遵守した事業展開
 ⇒認証油以外の使用の禁止

3.住民(申請人ら)がこれまで受けた苦痛に対する金銭賠償

4.今後対策が講じられるまで、住民(申請人ら)が受ける苦痛に対しての金銭賠償を求める申請

(福知山市に対するもの)
1.臭気・騒音・低周波・ばい煙につき、適切かつ継続的な測定を行うこと

2.臭気・騒音につき適切な数値基準を定めた条例制定等の措置をとること

三恵観光の提案:6億円払えば解決

7月7日に地元自治会、三恵観光、福知山市との三者で開かれた話し合いで三恵観光から驚くべき提案がありました。
要約しますと
問題の対策をチョコチョコとしても住民の不満や 健康被害は無くならない。
市と住民が協力して買い上げや代替え地の用意をしてもらえれば移転や廃業を考える。
工場移転には6億が必要】

という提案です。

皆様はどのように思われますか?

三恵観光株式会社との話し合い 議事録(抜粋)

日 時:令和2年7月7日(火)  場所:環境パーク 2F 会議室 
出席者:東自治会役員・三恵観光 部長・三恵観光顧問弁護士 市生活環境課 次長・課長補佐・主任 

住民:現在発電所が稼働ストップしているが再稼働はいつ頃か?

三恵 : 10 月初旬頃の予定だが材料の入荷次第で再稼働時期は前後する可能性 あり

住民:住民の健康被害等についてこれまで毎回訴えているが事業所としてこの現状をどう考えるか。

三恵 : 国・府の基準内で稼働しているが、健康被害、環境被害についてゼロにすることはできない。
被害者に対しては健康被害、環境被害を立証できる物を提示してください。 

住民:三恵弁護士から選択肢の一つとして移転の話がでている。 

A:悪臭・騒音等のいろいろと問題の対策をチョコチョコとしても住民の不満や 健康被害は無くならない。
運動の一環として例えば土地の代替、買い上げについ ての考えを持ってきた。
これについては、住民の協力がなければできない。
公園用地として市が買い上げをするとか代替地を用意するとか、市・住民が応分に考えてもらえたら移転や廃業を考える。

住民:三恵が府・市で話し合いをしてもらい住民を巻き込まないというのであれば進めてもらっても良い。

三恵:: 9月末(10月初旬)に稼働するにはこういうプランがありますと言っただけ で再稼働するにはこういう方法がありますと市側に言いたかった。
住民の協力が必要。

住民 : 代替地の件は市がどうするかはわからないがそういう考えがあるのなら早 やってほしい。

三恵 : 住民が協力しないと言ったから難しい。
福知山市 : 市側も用地問題については議会もありそう簡単には進まない

住民:協定書第1条に住民との契約関係はないと言われた。 

三恵:契約関係はない。

住民 :ではなぜ我々は何のために企業と協定書を結ぶのか。何のための協定書か。

三恵: 第1条の内容は近隣住民の快適な環境を目的とする。
いかなる環境をすべてを100%保全しているわけではないと言っている。
臭気・騒音についてどうのこうのと 言っているのではなく、第1条の目的は近隣住民の健全で快適な環境を目的とす る。
この健全で快適なことが受忍限度により法的に決まる問題だから臭い。
音の 問題でどこまで法的にカバーできるかを言っている。

住民 :先ほど工場移転に6億ほどかかるなど、それも選択肢の一つと言われたが、市とともに移転をかんがえてもらったらいい。
住民の協力など論外だ。

以前東地区内に佐川急便の支店があり、早朝からの騒音やトラックの出入りなど 住民の苦情が多くあり出ていってもらった。
区は佐川急便から多額の寄付をいただ いてあったが、国道沿いに移転してもらった例がある。

住民: 4 月に三恵に民事調停を申し立てられた。

受けた自治会としては、この動き に驚きと戸惑いを感じている。
7/30から調停が始まるが、その間バイオ発電所は停止されると理解してよいか?
再開は 10月初旬と言われたが。

三恵:その間も停止はしない。 

7/19:オンライン報告会開催のお知らせ

(7/19)報告会☆舞鶴パーム油発電完全撤退!市民の力で事業を止めた七人の侍☆

オンライン報告会のお知らせ ※現地参加も可能です
私たちと一緒に戦った【ウータン・森と生活を考える会】が手配して下さりました。
みなさまのご参加お待ちしています!

報告会の詳細はここをクリック

☆勝利報告☆舞鶴パーム油発電完全撤退!
市民の力で事業を止めた七人の侍
〜熱帯林開発圧力を高めるパーム油発電を知る学習会〜
 

ウータン・森と生活を考える会は、熱帯林破壊による生物多様性の損失、泥炭地破壊による気候変動への影響、先住民や地域住民・農園労働者への人権侵害を拡大するパーム油発電の反対活動に取り組んできました。
このたび、舞鶴でのパーム油発電計画は、地域住民の方が奮闘され、多くの市民とNGOの支えもあって反対活動が成功、市民側の完全勝利を迎えることとなりました。ご協力ありがとうございました!
建設予定地最寄の喜多地区から、完全撤退の立役者である住民の方をゲストに迎え、活動を振り返るとともに、パーム油発電の問題を再確認し、今後のH.I.Sや福知山等での活動についての意見交換をしたいと思います
【概要】
○ 日時:2020年7月19日(日)13:30〜16:30 
*終了後、希望者のみ懇親会
 
○ 場所:ドーンセンター特別会議室
*アクセス: 京阪「天満橋」駅、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)谷町線「天満橋」駅 ①番出入口から東へ約350m
JR東西線「大阪城北詰」駅下車。②号出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m
 https://johokiko.co.jp/access/dooncenter/
 
○ 参加費:無料
 
○ 定員: 会場50人、オンライン配信100人 (先着順となります)
 
○ お申込み:下記ボタンからフォームにアクセスして、①お名前、②連絡先、③ご所属(任意)、④会場参加かオンラインか、⑤懇親会の参加の有無をご記入ください。
参加申込みをする
 
【報告会の内容(予定)】
 
(1)熱帯林開発圧力とパーム油発電
ウータン・森と生活を考える会 石崎雄一郎
 
(2)舞鶴パーム油発電完全撤退へ!活動と成果を振り返る
喜多地区環境保全委員会 委員長 大西寛治さん
舞鶴西地区の環境を考える会 代表 森本隆さん
 
(3)日本全国のパーム油発電阻止へ!私たちになにができるか
福知山の三谷さんより、三恵バイオマス発電所の現状
舞鶴の大槻さんより、市民による情報公開請求の権利と重要性
東京の飯沼さんより東北でのH.I.Sスーパーエナジーの動きや国のFIT(固定価格買取制度)への要望、群馬の新村さんより邑楽町のパーム油発電建設問題、JACSESの田辺さんよりダイベストメント活動についてなど、オンラインを交えて情報提供いただき、私たちに何ができるかを考えたいと思います。

報告会の詳細はここをクリック

福知山の公害から命を守るアクションが始まりました!

三恵バイオマス発電所被害者の会
命を守る為のアクションが始まりました!
これは福知山市内で実際に起こってることなんですよ
目を背けないで現実を直視してください。
土師新町の皆さんは自分を家族を守る為に勇気を振り絞って街頭アクションを始めたのです。
大げさとかやり過ぎって声も聞こえてきます。
でも本当に公害で命の危険を彼らは感じているのです。
だから必死で戦っているのです。
彼らを助けてください。
お願いします!
まずは署名から
http://chng.it/tFw2zfMKv5

福知山の公害問題

【勝利宣言】住民運動の大勝利 舞鶴のパーム油火力発電所計画は消滅

2020年7月6日 —

ご支援いただいた皆さまへ

舞鶴西地区の環境を考える会 代表 森本隆です。
いつもご支援ありがとうございます。

皆様のご支援のおかげで日立造船が計画していた舞鶴のパーム油火力発電所の計画は【消滅】しました。

更にうれしい事に日立造船は今後、パーム油発電には手を出さないと株主総会で発言しており、住民運動として【圧勝】で終えることができました。

事業の投資会社であったAMP社は先んじて4月に【事業撤退】を表明、パーム油火力発電は今後、一切携わらない事も表明しており、事業に携わった二社が今後はパーム油発電に携わらないということは、今後の日本のパーム油火力発電抑制に大きな意味のある事だと確信しています。

舞鶴の計画は当初より日本のパーム油発電の持続可能性を探るうえで注目されている事業でした。
舞鶴の計画が実施されれば日本のパーム油発電は増加,計画が廃止されれば日本のパーム油発電は抑制されると予想されており、その結果、多くの環境NGO達の協力も得ることが出来たのです。

残念なこともあります。
事業を率先して誘致した舞鶴市長 多々見 良三氏は【パーム油の生産と消費を抑制する世界的な流れ】を認めようとせずに、パーム油火力発電所は環境に優しい発電であるという、当初からの自分の考えに固執して誤りを認めようとしないばかりか、事業の失敗を【住民が無知である】かの如く発言するなど舞鶴市民としては情けないばかりです。
今後は舞鶴市民として市長の責任を追及していく予定です。

舞鶴のパーム油火力発電所反対運動は「ありとあらゆる手を使いパーム油火力発電所の建設を阻止する」と覚悟を決めて反対運動を開始しました。

最低でも2年間は、泥沼の反対運動を覚悟していましたが幸いなことに私たちの予想を上回る多くの賛同を頂きまして9ヶ月と短期間で建設阻止を成し遂げることが出来ました。

今回の勝因は地元での草の根の活動と経験豊かなNGOの経験則と学術的な活動がネットを介して密接に結びついて連携が出来たことだと思います。

またその活動をSNSやchang.orgで発信し、あたかも映画やドラマのように、続きが見たいと興味をもってもらえる活動であったのも注目すべき点でした。

今世界は沢山の問題を抱え込んでいます。
私たちが地域を変えれた様に、他の皆様の活動も必ず地域を社会をも変えることができると私は信じています。
皆で手を取り合って頑張りましょう!

2020年7月6日
舞鶴西地区の環境を考える会
 代表 森本隆

喜多地区環境保全委員会、舞鶴西地区の環境を考える会のメンバーで勝利を分かち合いました

7月1日 喜多公民館で定例会を開催しました。
参加者全員でパーム油火力発電所を撤退の確認と万歳三唱でスタートしました。

皆様お疲れ様でした。
運動中は緊張と不安で引き締まってっていた顔も今日は全員が笑顔ですね!

今後の活動方針が決まりました。

1.全力で福知山の三恵福知山バイオマス発電の廃炉運動を支援する。

2.舞鶴市政に対して今後もパーム油火力発電所問題を追及する。

3.活動の記録を書籍化して今回の出来事を風化させない。

以上の3点が決まりました。
引きつづき、活動を継続していきますのでよろしくお願いします。

ありがとうございました!

新たな舞鶴市の裏切りが発覚

パーム油火力発電の舞鶴市の担当部長 西嶋氏が退職して高浜町の副町長に就任される報道がありました。

西嶋氏は6月13日の住民説明会で市民文化環境部長として挨拶
舞鶴市の対応は万全であるとの姿勢を崩さず、逆に住民側の質問が間違いであるかのような答弁をされていたのが一番新しい記憶になりますが、その時はすでに高浜町への転職が決まっていたのだと思うと腹立だたしいを通り越して情けない思いで一杯です。

住民の反対運動に真っ向から異を唱えていた西嶋部長が、反対を唱えながらもすでに担当から外れる手はずを完了して対応していたというのは住民軽視といわれても仕方が無いと思います。

このような住民軽視の姿勢そのものが今の多々見市長の政治だと悲しく思います。