三恵バイオマス発電の廃炉を目指して活動を継続します。

舞鶴のパーム油火力発電 撤退のカウントダウンの終了後は
新たな戦いが始まります!

三恵バイオマス発電廃炉活動 参入まで残り

無事に新たな投資会社が参入しなかった場合は、恩返しとして福知山の三恵バイオマス発電廃炉に向けての活動を開始します。

舞鶴の反対運動が盛りあがったのは「福知山の活動」のおかげです。
三恵バイオマス発電の公害が無ければ今の活動はありません。
私たちは全力で三恵バイオマス発電の廃炉を目指して活動します。

三恵バイオマス発電の社長 杉本 潤明さまへのお願いです

三恵バイオマス発電所を運営する会社がどのような企業か?気になったので
三恵観光グループのホームページを調べてみました。
社長自ら、会社の未来を描いて良い感じのホームページです。
三恵観光の代表取締役兼CEO / 杉 本  潤明氏には輝かしい未来が見えているのでしょう

社長自らメッセージを出すと言うことは素晴らしいことです。
杉本  潤明社長はこのように述べています。

いま必要なのは、マインドの変革。
理念体系がグループの進む先を示しています。

ゴールからの逆算でいまを生きる。

私は創業80周年を迎える2032年に、経営の第一線から退くことを常々明言しています。年齢でいえば58歳。それまでに実現すべき約束として、経営者を10人輩出すること、長期経営目標である年商3,000億円を達成することを挙げています。三恵グループの理念体系を整えたのは、そのゴールからの逆算があってこそ。変化著しい市場の動向や企業としての成長度合いも加味して、いま私たちは大きな変革期にあるという認識をグループ内で共有することが必要だと考えました。

利益は社会から必要とされている証。

企業にとって利益とは、いわば血液です。それなくして継続も発展もあり得ません。どれほど理念が素晴らしくても、企業自体が存続できなければ本末転倒です。つまり、人々の幸福に寄与することを掲げた三恵グループの理念体系は、適切な利益の確保と同時に追求するべきもの。私たちの事業活動や存在自体が、誰かの幸せに直接つながっているのだという意識と責任を持つことが大切なのです。

2032年で58歳という事は現在46歳
働き盛りできっと仕事が楽しくてしかたがない時期だと思います。
46歳と言えば子供がいらっしゃれば、お子さんは中高生ぐらいでしょうか?

TOPページに書いてることばがすごいですよね・・・

明日を今日より、ハッピーに。

目の前の一人から、広く社会全体へ。

いまこの瞬間から、より幸せな未来へ。

フィロソフィーというページがありました。
企業哲学とか企業の考え方という意味です。

ミッション

私たちの果たすべき使命

Making tomorrow happier than today
明日を今日より、ハッピーに。

さまざまな事業活動を通じて

一人でも多くの方に幸せを感じていただくことが、私たちの使命です。

お客さまや取引先さま、地域社会の皆さま、そして従業員やその家族の笑顔を思い描くことが、すべての出発点。

目の前の一人から、広く社会全体へ。いまこの瞬間から、より幸せな未来へ。

その実現のために、私たちはあらゆるアクションを起こしていきます。

ビジョン

私たちが思い描く未来像

多角経営を推進し、10人の経営者を輩出する。

私たちにとって、事業の多角化は成長のための基本戦略。

 「明日を今日より、ハッピーに。」というミッションを追求していく上でも

多彩なアプローチが可能です。

私たちのビジョンは、多角的に展開した各事業を次世代の経営者にどんどん任せていくこと。

その数、まずは10人。

挑戦を後押しする快活な企業風土に鍛えられた若い人材に、

大きなチャンスを用意しています。

バリュー

私たちが大切にしている価値観

魅力的な人になる

性別や年齢、立場を問わず、自然と周囲の人々に慕われる人がいます。
私たちが目指しているのは、そんな「モテる人」であり、魅力的な人材が集う「モテる集団」なのです。

日々の仕事を愉しむ

楽をするのではなく、愉しむ。それが私たちの仕事観です。
発想の転換、創意工夫、仲間との協力などをきっかけに愉しむことで、質・効率の向上にもつながると考えています。

常に変化を意識する

絶えず進歩している人や社会の中にあって、現状に満足していては後退しているのと同じこと。
変わっていきたい方向を自ら定め、着実に進むことが大切だと私たちは考えます。

今の自分に挑む

個人にとっても組織にとっても、挑戦こそが成長の糧。成功体験だけでなく、失敗もまた貴重な学びの機会です。
どんな時も向上心を忘れず、前に進む人を私たちは応援しています。

スピードの価値を知る

どんなに良いアイデアや企画でも時期を過ぎると価値を失うもの。
期限や作業のスピードを意識し、素早く行動していくことが、より良い結果を導くと私たちは考えています。

ホームページを見た感想

ホームページを見て非常にすばらしい企業理念や成長を描いておられると感じました。
ですがミッションは現実とはかけ離れていますね・・・

バイオマス発電の近隣の住民は地獄の苦しみを味わっています
杉本  潤明社長のすばらしい経営理念実現のために最初にやることは、バイオマス発電経営をやめることだと私たちは思います。

福知山のパーム油発電の絵

杉本  潤明社長が経営するバイオマス発電の公害で5歳児がこのような絵を描くのです。
女子供泣かすような経営なんて絶対にやっちゃ駄目!
崇高な経営理念も大事ですが地域住民を苦しめるような事はやめて頂きたいです。

ホームページを拝見して感じたのは杉本  潤明社長はきっと聡明な方に違いないと感じました。
きっとまだご自身が経営されているバイオマス発電によって土師新町の方々に地獄の苦しみを与えていることに気が付いていないだけだと思います。
少しでも早く杉本  潤明社長にご自身の事業が沢山の方々を苦しめていることに気がつきていただけるようにメッセージを掲載させていただきました。

※おわび
ホームページを勝手に拝借してごめんなさい。
あまりにも素晴らしい経営理念でしたので感動して転載させていただきました。
三恵グループのホームページから引用させていただいています。

小さなメッセージ

「いえじゅうばよますのくさい うるさい」

この可愛らしい絵ですが何の絵だかわかりますか?
福知山市土師新町に住んでいる5歳の坊やの書いた絵です。

坊やの家の直ぐ近くに三恵観光グループがパーム油発電所(バイオマス発電所)を建設しました。
その日から福知山市土師新町の住民の苦しみが始まったのです。

365日発電所からでる悪臭と騒音に苦しむ住民達、坊やの家族も苦しんでいます。

この絵は子供に書かせたわけではなく、自発的に書いていてお母さんの元に持ってきました。
坊やが自分の気持ちで書いてくれた絵なのです。
坊やは近所に建つ発電所の中で誰かが油を燃やしていると思っているのかも知れません。
建物から油の煙が3本から出ている様子など子供ながらにしっかりと観察しているのですね。

ばよますはつでんしょをとめるにはどうしたらいい?

5さいの坊やがお母さんのため、家族の為に一生懸命にバイオマス発電を止める為に考えているのです。

絵を描いてくれた坊やには3歳の弟がいます。
絵は上手ではないですが、口はすごく達者で、って表現が変かもしれませんが、「発電所への嫌がり方と怒り」はすごいです…。

小さい頃から騒音が怖くてよく泣いておりました。
近所を散歩にもほとんど歩いた事がありません。
出かけてもずっと発電所から音がしているので、まわりや空をキョロキョロしながら音を気にしたり、公園についても「ヘリコプター?」としきりにあたりを気にして聞いてきたり…。
部屋に悪臭が漂いだすと、お話がまだ出来なかった頃1才の時は、鼻を押さえるのが彼の「くさい」と言う合図で、本当に作り話のような話ですが、全てが現実です。

坊やのお母さんはこのように述べています。

「今は停止しておりますが、私達家族だけではなく本当に発電所の被害住民の方々の精神的、肉体的苦痛を思うとつらいですし、発電所がまたいつ再稼働になるかと思うと心理的不安にかられます。」

私たち大人はどうしたらいいのでしょうか?

私たち大人がこの絵を描いたお子さんの為に何ができるか?
皆で考えましょう!

福知山三恵観光のパーム油火力発電所の公害に苦しむ土師新町東区の広報(ふれあい広報)が届きました 2020年5月春号

自治会報2020.4原稿-バイオマス発電所公害問題 ふれあい広報最終版

クリックでページがめくれます(4ページあります)

三恵グループによる公害で住み慣れた住まいを手放した方のメール

今春、2組のご家族が住み慣れた地域を離れることになりました。
その原因は福知山の三恵グループによる公害です
このメールは転居されるご家庭から三恵バイオマス発電所 悪臭騒音推進委員長 三谷さんへ届けられたメールです。

三恵バイオマス発電所の近隣住民の引っ越し文 2020年4月3日

引っ越しの理由は三恵バイオマス発電所の悪臭騒音での被害が大きな理由です。
悪臭騒音の被害で引っ越しする事を公にして貰って結構です。
(少しでも協力出来ればと思っております)

被害の状況を簡単に明記します
一番は騒音の被害です。
騒音で夜寝られないのが辛く、心身とも疲れます。
24時間360日耳元でゴーゴー音が聞こえてきて意識しない様にしていますが、つい気になって意識します、ここ2年程熟睡したことが有りません。
寝つきも悪く意味の解らない夢をよく見て目が覚めます。
今では、家の中で騒音が少ない場所を選んで寝ていますが、常に聞こえてきます。
家内も同じく寝られません、ラジオを聞き、眠れるのを待っています。
昼間は騒音で一日自宅に居るのが辛くて、外出をよくしています 。
私も仕事上、土日はよく自宅で昼間仕事をしていますが、騒音で気が散り仕事に集中できません。
仕方がなく、会社へ行って仕事をすることが多くなっています。
2年余りバイオ発電の騒音を24時間360日耳元で同じリズムでのゴーゴー音は本当に苦痛でしか有りません。
騒音値を60dB、50dB、・・ 気にならないレベルまでがどの程度か解りませんが身体が騒音を常に意識しています、今すぐ操業停止しかありません。
又、一年前頃より耳鳴りが酷くなって来ています(加齢によるものか、騒音か解りませんが)

悪臭の件では家内はよく感じる様です。
臭いの種類ですが、汚水?、何かが焦げた様な臭いがし、鼻を押さえないと居られないと言いています。
臭いが酷い時は、洗濯物を外に干せません。
窓を開けたいのにそれも出ません。


三恵バイオマス発電所の悪臭騒音推進委員の方の努力には頭が下がる思いでいっぱいです。
現状より少しでも騒音悪臭を軽減させようと努力されている姿をメールで拝見しています。
本当に、感謝の気持ちで一杯です。
今後地区外からではありますが、私に出来ることが有れば、出来るだけの協力は惜しみません。

委員長 三谷様 御身体だけはご自愛ください。
本当にありがとう御座いました。

三恵福知山バイオマス発電所 新型コロナウイルスの影響で停止中!

海外からの最新情報
マレーシアでは新型コロナウイルスの影響で移動制限が発生しており、パーム油を製造するアブラヤシ農園と搾油工場が閉鎖中
その結果3月6日~本日まで21日間、三恵福知山バイオマス発電所の稼働がストップした状態です。

4月中旬までの移動制限が決まっているそうですので当面の間は日本への輸出も難しい模様です。
移動制限が解除されたとしてもタンカーなどの物流にも影響はありますし、大口(食品・日用品)への供給が優先されるため、三恵エナジー株式会社を運営する三恵グループ(代表取締役社長 杉本 潤明) への供給は当面ストップすると予想されます。

公害問題で福知山の住民を苦労のどん底に落としいれた 三恵グループ(代表取締役社長 杉本 潤明) は公式にはメンテナンスの為とアナウンスしていますが、私たちの調査では新型コロナウイルスの影響です。

新型コロナウイルスは早く収束して欲しいですが、福知山の事を考えると複雑な気持ちになります。

公害問題を放置する三恵グループのホームページによると
三恵グループのミッションは
Making tomorrow happier than today
明日を今日より、ハッピーに  
ですが、三恵グループの運営する発電所の近隣  福知山市土師新町 の住民のハッピーは発電所がストップしている間だけ、つかの間の平穏です。

ミッションの Making tomorrow happier than today  の為に永遠にパーム油火力発電の稼働を停止を御願いしたいものです。

外国産を輸入してそれに自分たちの生活を支えるエネルギーや食べ物を頼ることのリスクを私たちは考えるべきかも知れませんね。
輸入燃料を用いたバイオマス発電は私たちの想像以上に脆弱でリスクが高いことが露わになりました。

舞鶴のバイオマス発電(パーム油火力発電所)のリスクも相当高いはずです。
発電所が完成してそのまま放置という可能性も十分あり得ますので福知山の皆さんと力を併せてパーム油火力発電所(バイオマス発電)をストップさせましょう!

福知山パーム油火力発電所の公害問題 地元と事業者との面談が行われました。

両丹日々新聞の記事より

両丹新聞 1 15a

 住民側 代表 三谷義臣さんのコメント

1月11日に三恵バイオマス発電所の公害問題で、三恵観光顧問弁護士と自治会で面談が有りました。
2017年2月2日の住民説明会で彼ら3社が表明した事について、参加者の前で認めさせました。
ただ企業として環境を以前の状態にまで戻すことは相当なお金も掛かりムリなので国や府の基準を満足している以上、稼働を止める事は難しい。
ここで起こっている公害問題は一般的な公害で法的な公害ではないと意味が判らない事も言われていました。
悪臭や騒音は想定外で有ったというが、新潟の工場で1号機を立ち上げており、悪臭と騒音は想定したうえでの規制値を考慮した事業の決断がされたと私自身は考えています。

面談後に三谷さんから舞鶴へのアドバイス

2017年6月21日地域自治会と事業者間で協定書を締結した。
この協定は、発電事業者が発電事業操業に伴う環境負荷の低減を図り近隣住民の健全で快適な環境を保全することを目的とする。
と謳って締結しました。
しかしながら協定書違反だと操業に伴う悪臭や騒音の苦痛を訴えると、この文面での住民側との“契約関係”は無い。と言われ、元の状態に戻せと言うのは言い過ぎ、悪臭や騒音は想定外であった。福知山簡易裁判所に調停を申し入れお互いが歩み寄る形で決着したいとの意向。
健康被害をゼロにする事はムリとも顧問弁護士ははっきり言った。
覚書レベルではダメで、騒音、悪臭、NOx、低周波音、他 について稼働前に比べて悪化させない、稼働前の数値を数回測定しデータを残しておいて正式な契約書にしておく事。 
またもし一人でも健康被害が発生したら即刻稼働停止するなど、事業者に大きなリスクを負わせる契約を結ばせる。

不動産価値の下落
悪臭騒音に悩まされ、この3年間何にも改善が見られず、自宅を売り払って他への引っ越しを考えた。不動産屋に相談したらまずは通常より2割ダウンして申込者がいないかを見るように言われた。
1年たっても購入したいという方は現れず、不動産屋から購入したいと言う人の言い値で売るしかないと言われた。
実際にご自宅を売りに出そうとしておられる方からの訴えです。また地区に2か所住宅地の造成を行いました。(11棟 と 4棟)
造成を終えて半年~1年も経ちますが悪臭や騒音で1軒も契約が出来ていません。
各個人の不動産価格の下落は皆様興味が有るかも知れません。
我々は評価が下がっている訳だから、固定資産税の減額を申し出ても良いかも知れないです。