反撃開始~公害調停が始まります!

福知山住民被害者有志と京都弁護士会により三恵観光杉本潤明社長と福知山市長に対しての公害調停が始まります。
京都府庁にて記者会見も予定していますので今後の動向にご注目ください。

日程 7月30日(木) 
    AM10時半 調停申請書提出(京都府環境管理課)
    AM11時  記者会見 京都弁護士会有志 7名(代理人)
               住民代表    10名
申請人 107名 

申請の相手方(敬称略)
1.三恵観光株式会社 代表取締役 杉本潤明
2.福知山市 市長 大橋一夫

申請内容
(事業者に対するもの)
1.住民説明会で事業者が約束した事項の履行
 ⇒臭気・騒音・低周波音・ばい煙(NOx)についての適切な測定及び具体的改善措置の実施

2.経済産業省のバイオマス事業計画ガイドラインを遵守した事業展開
 ⇒認証油以外の使用の禁止

3.住民(申請人ら)がこれまで受けた苦痛に対する金銭賠償

4.今後対策が講じられるまで、住民(申請人ら)が受ける苦痛に対しての金銭賠償を求める申請

(福知山市に対するもの)
1.臭気・騒音・低周波・ばい煙につき、適切かつ継続的な測定を行うこと

2.臭気・騒音につき適切な数値基準を定めた条例制定等の措置をとること

三恵観光の提案:6億円払えば解決

7月7日に地元自治会、三恵観光、福知山市との三者で開かれた話し合いで三恵観光から驚くべき提案がありました。
要約しますと
問題の対策をチョコチョコとしても住民の不満や 健康被害は無くならない。
市と住民が協力して買い上げや代替え地の用意をしてもらえれば移転や廃業を考える。
工場移転には6億が必要】

という提案です。

皆様はどのように思われますか?

三恵観光株式会社との話し合い 議事録(抜粋)

日 時:令和2年7月7日(火)  場所:環境パーク 2F 会議室 
出席者:東自治会役員・三恵観光 部長・三恵観光顧問弁護士 市生活環境課 次長・課長補佐・主任 

住民:現在発電所が稼働ストップしているが再稼働はいつ頃か?

三恵 : 10 月初旬頃の予定だが材料の入荷次第で再稼働時期は前後する可能性 あり

住民:住民の健康被害等についてこれまで毎回訴えているが事業所としてこの現状をどう考えるか。

三恵 : 国・府の基準内で稼働しているが、健康被害、環境被害についてゼロにすることはできない。
被害者に対しては健康被害、環境被害を立証できる物を提示してください。 

住民:三恵弁護士から選択肢の一つとして移転の話がでている。 

A:悪臭・騒音等のいろいろと問題の対策をチョコチョコとしても住民の不満や 健康被害は無くならない。
運動の一環として例えば土地の代替、買い上げについ ての考えを持ってきた。
これについては、住民の協力がなければできない。
公園用地として市が買い上げをするとか代替地を用意するとか、市・住民が応分に考えてもらえたら移転や廃業を考える。

住民:三恵が府・市で話し合いをしてもらい住民を巻き込まないというのであれば進めてもらっても良い。

三恵:: 9月末(10月初旬)に稼働するにはこういうプランがありますと言っただけ で再稼働するにはこういう方法がありますと市側に言いたかった。
住民の協力が必要。

住民 : 代替地の件は市がどうするかはわからないがそういう考えがあるのなら早 やってほしい。

三恵 : 住民が協力しないと言ったから難しい。
福知山市 : 市側も用地問題については議会もありそう簡単には進まない

住民:協定書第1条に住民との契約関係はないと言われた。 

三恵:契約関係はない。

住民 :ではなぜ我々は何のために企業と協定書を結ぶのか。何のための協定書か。

三恵: 第1条の内容は近隣住民の快適な環境を目的とする。
いかなる環境をすべてを100%保全しているわけではないと言っている。
臭気・騒音についてどうのこうのと 言っているのではなく、第1条の目的は近隣住民の健全で快適な環境を目的とす る。
この健全で快適なことが受忍限度により法的に決まる問題だから臭い。
音の 問題でどこまで法的にカバーできるかを言っている。

住民 :先ほど工場移転に6億ほどかかるなど、それも選択肢の一つと言われたが、市とともに移転をかんがえてもらったらいい。
住民の協力など論外だ。

以前東地区内に佐川急便の支店があり、早朝からの騒音やトラックの出入りなど 住民の苦情が多くあり出ていってもらった。
区は佐川急便から多額の寄付をいただ いてあったが、国道沿いに移転してもらった例がある。

住民: 4 月に三恵に民事調停を申し立てられた。

受けた自治会としては、この動き に驚きと戸惑いを感じている。
7/30から調停が始まるが、その間バイオ発電所は停止されると理解してよいか?
再開は 10月初旬と言われたが。

三恵:その間も停止はしない。 

福知山の公害から命を守るアクションが始まりました!

三恵バイオマス発電所被害者の会
命を守る為のアクションが始まりました!
これは福知山市内で実際に起こってることなんですよ
目を背けないで現実を直視してください。
土師新町の皆さんは自分を家族を守る為に勇気を振り絞って街頭アクションを始めたのです。
大げさとかやり過ぎって声も聞こえてきます。
でも本当に公害で命の危険を彼らは感じているのです。
だから必死で戦っているのです。
彼らを助けてください。
お願いします!
まずは署名から
http://chng.it/tFw2zfMKv5

福知山の公害問題

三恵バイオマス発電所の一時停止中に改善された公害状況

福知山より稼働停止中の地域住民の様子が届きましたので掲載します。

福知山の三恵パーム油発電所は3月6日から3か月以上稼働停止が続き、近隣住民は暫しの以前の素晴らしい環境を満喫しています。
このまま永遠に止まって呉れる事を皆望んでいます。
私自身眠りの深さが変わり朝起きた時のスッキリ感が全く違います。
これまで健康被害を受け続けてきた事が自分でも良くわかりました。

三恵バイオマス発電所悪臭騒音対策推進委員会のメンバーで近隣住民の稼働停止中の健康状態について聞き取り調査をしてまとめたものです。

NO1,NO2が住民のご意見でNO3はマトメです

三恵バイオマス発電の廃炉を目指して活動を継続します。

舞鶴のパーム油火力発電 撤退のカウントダウンの終了後は
新たな戦いが始まります!

三恵バイオマス発電廃炉活動 参入まで残り

無事に新たな投資会社が参入しなかった場合は、恩返しとして福知山の三恵バイオマス発電廃炉に向けての活動を開始します。

舞鶴の反対運動が盛りあがったのは「福知山の活動」のおかげです。
三恵バイオマス発電の公害が無ければ今の活動はありません。
私たちは全力で三恵バイオマス発電の廃炉を目指して活動します。

三恵バイオマス発電の社長 杉本 潤明さまへのお願いです

三恵バイオマス発電所を運営する会社がどのような企業か?気になったので
三恵観光グループのホームページを調べてみました。
社長自ら、会社の未来を描いて良い感じのホームページです。
三恵観光の代表取締役兼CEO / 杉 本  潤明氏には輝かしい未来が見えているのでしょう

社長自らメッセージを出すと言うことは素晴らしいことです。
杉本  潤明社長はこのように述べています。

いま必要なのは、マインドの変革。
理念体系がグループの進む先を示しています。

ゴールからの逆算でいまを生きる。

私は創業80周年を迎える2032年に、経営の第一線から退くことを常々明言しています。年齢でいえば58歳。それまでに実現すべき約束として、経営者を10人輩出すること、長期経営目標である年商3,000億円を達成することを挙げています。三恵グループの理念体系を整えたのは、そのゴールからの逆算があってこそ。変化著しい市場の動向や企業としての成長度合いも加味して、いま私たちは大きな変革期にあるという認識をグループ内で共有することが必要だと考えました。

利益は社会から必要とされている証。

企業にとって利益とは、いわば血液です。それなくして継続も発展もあり得ません。どれほど理念が素晴らしくても、企業自体が存続できなければ本末転倒です。つまり、人々の幸福に寄与することを掲げた三恵グループの理念体系は、適切な利益の確保と同時に追求するべきもの。私たちの事業活動や存在自体が、誰かの幸せに直接つながっているのだという意識と責任を持つことが大切なのです。

2032年で58歳という事は現在46歳
働き盛りできっと仕事が楽しくてしかたがない時期だと思います。
46歳と言えば子供がいらっしゃれば、お子さんは中高生ぐらいでしょうか?

TOPページに書いてることばがすごいですよね・・・

明日を今日より、ハッピーに。

目の前の一人から、広く社会全体へ。

いまこの瞬間から、より幸せな未来へ。

フィロソフィーというページがありました。
企業哲学とか企業の考え方という意味です。

ミッション

私たちの果たすべき使命

Making tomorrow happier than today
明日を今日より、ハッピーに。

さまざまな事業活動を通じて

一人でも多くの方に幸せを感じていただくことが、私たちの使命です。

お客さまや取引先さま、地域社会の皆さま、そして従業員やその家族の笑顔を思い描くことが、すべての出発点。

目の前の一人から、広く社会全体へ。いまこの瞬間から、より幸せな未来へ。

その実現のために、私たちはあらゆるアクションを起こしていきます。

ビジョン

私たちが思い描く未来像

多角経営を推進し、10人の経営者を輩出する。

私たちにとって、事業の多角化は成長のための基本戦略。

 「明日を今日より、ハッピーに。」というミッションを追求していく上でも

多彩なアプローチが可能です。

私たちのビジョンは、多角的に展開した各事業を次世代の経営者にどんどん任せていくこと。

その数、まずは10人。

挑戦を後押しする快活な企業風土に鍛えられた若い人材に、

大きなチャンスを用意しています。

バリュー

私たちが大切にしている価値観

魅力的な人になる

性別や年齢、立場を問わず、自然と周囲の人々に慕われる人がいます。
私たちが目指しているのは、そんな「モテる人」であり、魅力的な人材が集う「モテる集団」なのです。

日々の仕事を愉しむ

楽をするのではなく、愉しむ。それが私たちの仕事観です。
発想の転換、創意工夫、仲間との協力などをきっかけに愉しむことで、質・効率の向上にもつながると考えています。

常に変化を意識する

絶えず進歩している人や社会の中にあって、現状に満足していては後退しているのと同じこと。
変わっていきたい方向を自ら定め、着実に進むことが大切だと私たちは考えます。

今の自分に挑む

個人にとっても組織にとっても、挑戦こそが成長の糧。成功体験だけでなく、失敗もまた貴重な学びの機会です。
どんな時も向上心を忘れず、前に進む人を私たちは応援しています。

スピードの価値を知る

どんなに良いアイデアや企画でも時期を過ぎると価値を失うもの。
期限や作業のスピードを意識し、素早く行動していくことが、より良い結果を導くと私たちは考えています。

ホームページを見た感想

ホームページを見て非常にすばらしい企業理念や成長を描いておられると感じました。
ですがミッションは現実とはかけ離れていますね・・・

バイオマス発電の近隣の住民は地獄の苦しみを味わっています
杉本  潤明社長のすばらしい経営理念実現のために最初にやることは、バイオマス発電経営をやめることだと私たちは思います。

福知山のパーム油発電の絵

杉本  潤明社長が経営するバイオマス発電の公害で5歳児がこのような絵を描くのです。
女子供泣かすような経営なんて絶対にやっちゃ駄目!
崇高な経営理念も大事ですが地域住民を苦しめるような事はやめて頂きたいです。

ホームページを拝見して感じたのは杉本  潤明社長はきっと聡明な方に違いないと感じました。
きっとまだご自身が経営されているバイオマス発電によって土師新町の方々に地獄の苦しみを与えていることに気が付いていないだけだと思います。
少しでも早く杉本  潤明社長にご自身の事業が沢山の方々を苦しめていることに気がつきていただけるようにメッセージを掲載させていただきました。

※おわび
ホームページを勝手に拝借してごめんなさい。
あまりにも素晴らしい経営理念でしたので感動して転載させていただきました。
三恵グループのホームページから引用させていただいています。

小さなメッセージ

「いえじゅうばよますのくさい うるさい」

この可愛らしい絵ですが何の絵だかわかりますか?
福知山市土師新町に住んでいる5歳の坊やの書いた絵です。

坊やの家の直ぐ近くに三恵観光グループがパーム油発電所(バイオマス発電所)を建設しました。
その日から福知山市土師新町の住民の苦しみが始まったのです。

365日発電所からでる悪臭と騒音に苦しむ住民達、坊やの家族も苦しんでいます。

この絵は子供に書かせたわけではなく、自発的に書いていてお母さんの元に持ってきました。
坊やが自分の気持ちで書いてくれた絵なのです。
坊やは近所に建つ発電所の中で誰かが油を燃やしていると思っているのかも知れません。
建物から油の煙が3本から出ている様子など子供ながらにしっかりと観察しているのですね。

ばよますはつでんしょをとめるにはどうしたらいい?

5さいの坊やがお母さんのため、家族の為に一生懸命にバイオマス発電を止める為に考えているのです。

絵を描いてくれた坊やには3歳の弟がいます。
絵は上手ではないですが、口はすごく達者で、って表現が変かもしれませんが、「発電所への嫌がり方と怒り」はすごいです…。

小さい頃から騒音が怖くてよく泣いておりました。
近所を散歩にもほとんど歩いた事がありません。
出かけてもずっと発電所から音がしているので、まわりや空をキョロキョロしながら音を気にしたり、公園についても「ヘリコプター?」としきりにあたりを気にして聞いてきたり…。
部屋に悪臭が漂いだすと、お話がまだ出来なかった頃1才の時は、鼻を押さえるのが彼の「くさい」と言う合図で、本当に作り話のような話ですが、全てが現実です。

坊やのお母さんはこのように述べています。

「今は停止しておりますが、私達家族だけではなく本当に発電所の被害住民の方々の精神的、肉体的苦痛を思うとつらいですし、発電所がまたいつ再稼働になるかと思うと心理的不安にかられます。」

私たち大人はどうしたらいいのでしょうか?

私たち大人がこの絵を描いたお子さんの為に何ができるか?
皆で考えましょう!